我が家の猫の腎臓病対策 - 日本で最初の猫手作りご飯HP☆お気楽ホリステックケアー猫BBS

我が家の猫の腎臓病対策

経過
9月26日
9月27日
9月28日
9月29日
9月30日
10月1日
10月3日
鍼治療へ
10月4日
10月10日
10月12日
10月23日
ホメオパシー変更
2007年1月
サプリメントまとめ
1.食欲無しの頃
2.食べだした頃
3.食欲が戻った頃
食事まとめ
1.食欲無しの頃
2.食べだした頃
3.食欲が戻った頃

 

9月26日

何度も吐いて、食欲不振になりました。

食べないでゲーゲーと吐くので、おかしいな~と思いました。

最近のご飯は、手作りご飯に変わるものはないかと、
色々市販フードを試食させていたので、少し腎臓に
負担がかかったようです。

猫は腎臓が弱いとされていますが、栄養成分の「リン」が
多いと、腎臓が弱りやすいんです。
市販フードには、リンがご飯のなかに、どれくらい入っているか
分からないので、手作りご飯派としては不安なんですよね~

上に戻る
************************

9月27日に獣医さんへ

獣医さんで、血液検査をしました。

腎臓値が少しアップしていました。
クレアチニン値が2.1で、数値だけ見ると、腎臓が悪いと言っても
軽めですが、食欲がまったくない状態でした。
獣医さんも、この程度のクレアチニン値で、食欲がまったく
ないのはおかしいと、不思議そうでした。
このまま食欲廃絶が続くなら、9月の末まで、毎日補液に
通ったほうが良いだろうと思いました。

クレアチニン値 2.1(正常範囲0.9~2.1)
BUN 37.1(正常範囲17~40)

※混合サプリメントを作りました。
ビタミンA 1万IU
ビタミンE 400IU
ビタミンB複合体 50mg
ビタミンC、粉なので超適量
ピクノジェール1錠
猫マルチビタミン&ミネラル剤を2錠

以上を、乳鉢でよくすり潰して、出汁混布で溶きました。
これを2日間冷蔵庫保存して、針のない注射器で
1日3回ほど飲ませます。
3日目に残りは捨てて、新しく作ります。

*別途飲ませるサプリメント
DHAの錠剤・・適宜/毎日
(体重1kgに対して100mg摂取するのが理想。)

CoQ10・・30mg/毎日

※猫の様子
1日中クローゼットにこもっています。
吐く様子はないですが、なにも食べません。

上に戻る
*************************

9月28日

獣医さんで補液

補液しているのに、オシッコをしません。食欲もなし。
ホメオパシーのスタッフザグリア200cを飲ませる。
(ホメオパシー2錠を20~10ccの水に溶かして、
3回ほど飲ませる。)

※飲ませたサプリメント
混合サプリ
(別途飲ませるサプリメントも含む・・・以下同じ)

※猫の様子
1日中クローゼットにこもっています。
吐く様子はないですが、なにも食べません。

上に戻る

**************************

9月29日

獣医さんで補液

※猫の様子
今日もオシッコしません。食欲なし。
1日中クローゼットにこもっています。
吐く様子はないですが、なにも食べません。
やっと夜中に(午前4時ごろかな~)オシッコが出ました。

※飲ませたサプリメント
混合サプリとスタッフサグリア

上に戻る
**********************

9月30日 獣医さんへ行く

もう一度血液検査をすると、クレアチニン値は2になっていました。

※猫の様子
お昼にウンチも出ました。
快調にオシッコが出ています。
でも、一切食べません。
夕方、少量のご飯を強制給仕をしました。

クローゼットから出てくるようになりました。
夜中に少量のラム肉を、お皿に入れておくと、食べていました。

※飲ませたサプリメント
混合サプリとスタッフサグリア

息子に針治療してもらいました。

上に戻る

************************

10月1日

※猫の様子
クローゼットから出て、窓辺に座っていました。
オシッコは快調
タンパク質30%の手作りご飯を出しても、食べません。
ラム肉だけなら、少量食べます。食べることを忘れてしまっては
いけないので、夕方に少量のご飯を強制給仕しました。

※飲ませたサプリメント
混合サプリとスタッフサグリア

———————————-
うちの猫が病気すると、オシッコをしなくなり、
食欲廃絶になってしまいます。
獣医さんは血液検査の状態では、このような症状にならないと言います。
うちの猫の特徴のようです。

猫自体は、ケロッとした顔して、苦しそうではなく、
毛艶も良いのです。
でも、動き回らないしクローゼットに隠れています。
やはり調子が悪いんですよね~

食欲が戻らないと、いつまでも強制給仕になりますから、
鍼灸治療してくれる獣医さんへ連れて行こうと思った。

強制給仕するのに、獣医さんから太い注射器をわけてもらいました。
肉をすごく細かくしないと、詰るんです(T_T)

上に戻る

************************

10月3日

強制給仕を1日2回、
自主的に食べるのは、ラム肉と牛タンだけ。

※飲ませたサプリメント
混合サプリ

※ホメオパシー
猫ホメオパスに相談して、猫ホメオパスのレメディーを
もらうまでの、間に合わせとして、以下の製品を飲ませた。

ホメオパシージャパンの製品
バイタルソルト:1日2回
サポートJ :1日2回

強制給仕も大変だし、自主的に食べてもらうのが一番なので
鍼治療もしようと、神戸の獣医さんへ行きました。

数年前もヘモバルトネラで2週間も食欲廃絶になり
獣医さんも「病気は良くなっているのにどうして食べない?」と
不思議がっていました。
当時は悩んで、なんか情報を得ようと思い、本屋へ行きました。
その時買った本には、鍼治療の記載があって、著者が神戸の
獣医さんでしたので、すぐさま電話して、鍼治療を予約し、
次ぎの日、猫を連れて行きました。
鍼治療してもらって帰ってきて、ご飯を出すとパクパク食べだして、
涙がでるほどうれしかったのを覚えています。

以前のように2週間以上も食欲廃絶になると困るので、
同じ神戸の獣医さんの鍼治療へ行きました。
今回も、帰ってきたら、すぐに食べだして、驚きました。

鍼灸の学生である息子と一緒に行き、先生に、猫のツボを
教えて欲しいとお願いすると、快く教えて下さいました。

でも、先生はすっかりおじいさんに、なっていました。
年齢って仕方が無いけれど、・・・・寂しいなと思いました。

上に戻る

********************

10月4日以降

※飲ませたサプリメント
混合サプリ

※ホメオパシー
ホメオパシージャパンの製品
バイタルソルト
サポートJ

※猫の様子
ご飯も、食べる量は少ないですが、自主的に食べてくれます。
タンパク質35%前後のご飯を作りました。
クローゼットに隠れることなく、普段と同じようににテレビ前や
家族のお布団の上で、眠る様になりました。
ウンチやオシッコも普通どおりになり、落ち着いた感じがします。
鍼治療は、3日以降10月中は毎日1回続けました。
息子が鍼灸師の勉強しているので、こんな時は便利ですね~

上に戻る

********************

10月10日

猫の脱出

昨日は、お客さんが来て、忙しくしていました。
晩御飯を皆で食べに行き帰って来ると、猫の姿が見えないん
ですが、お腹一杯だったので眠くて寝てしまいました。

朝、表で猫がケンカする声が聞こえます。
もしやと思いあわてて、表に飛び出すと、よその猫が
逃げていきます。
うちの車の下から、うちの猫がうなりながら毛を逆立てて
出てきました。
「早く家に入りなさい」というと、ダッシュで家に入り、
2階の椅子の下にもぐりこみました。

お客さんが来るときは、出入りに気をつけているつもりですが、
出入りの時にこっそり出て行くんですね~

腎臓値がアップして、ろくに食べないのに、このような
知恵は働くようです。

※この頃からタンパク質35%前後の、
手作りご飯を自主的に食べるようになりました。

※飲ませたサプリメント
混合サプリ

※ホメオパシー
ホメオパシージャパンの製品
バイタルソルト
サポートJ

上に戻る

*********************

10月12日

だいぶん元気

猫が脱出後、なんだかストレス解消になったのか、
食欲も戻って、行動も普通通りになっています。

食べなかった時は、肉ばかり食べさせていました。
ラム肉、牛のタンとか・・

ラム肉は、お値段は手ごろでしたが、
牛のタンは高い!
100g800円もします(T_T)

これが続くと、財布が~~寒い~~と
思っていましたが、普通どおりの食欲が
戻ったので、ラム肉でも大丈夫かな~と
思っています。

腎臓病は、低蛋白質のご飯が良いので
低蛋白質ご飯レシピです。

※生で食べさせる
牛のタン・・・80g

※鍋で煮る
煮干し・・6g
サンマ・・20g
おかひじき・・・20g
セロリー・・・30g
つるむらさき・・・30g
さつまいも・・・50g

※生で食べさせる野菜
煮た野菜に、すって加える。
キューリ・・・30g

※ふりかけ
食べさせる直前にふりかける
カツオの削り節・・・3g

※上記のレシピの栄養値
粗タンパク質34%
脂質33%
炭水化物28%
ナトリウム0.3%
マグネシウム 0.1%
リン0.46%

※サプリメント類
混合サプリメント

※ホメオパシー
ホメオパシージャパンの製品
バイタルソルト
サポートJ

※猫マッサージや鍼治療
ご飯を食べさせる前に、猫の頭、首、背中、腰を
なぜると、ご飯をよく食べます。

上に戻る

************************

10月23日

ホメオパシーは、猫ホメオパスから用意してもらっていた
レメディー(2種類)に切り替えました。

※サプリメント
混合サプリメント

※ホメオパシー
猫ホメオパスのレメディー2種類

※DHAの錠剤をEPA300mgの錠剤に変えました。

※プラセンタのサプリを加えました。
プラセンタは肝臓病や更年期のお薬ですが、栄養補給剤としても
昔からあるサプリです。アミノ酸サプリって感じだと思います。
人間で1日12錠でしたので、猫には1日1錠飲ませることにしました。

※鍼治療:1日1回

※猫の様子
21日・22日と勉強会のため、東京へ行きました。留守が心配
でしたが、帰ってくると、元気にしていました。
留守の間、手作りご飯もよく食べたそうです。

上に戻る

***************

2007年(19)1月現在

猫は、毎日普通に眠り、1日1回は元気に走り回っています。
12月末に血液検査すると、なにも悪い所はありませんでした。
本当に腎臓病だったのか疑わしいですが、体調不良だったのは
確かです。
現在、混合サプリメントは手作りご飯に混ぜています。
ホメオパシーとプラセンタとEPAは、時々になっています。

上に戻る

*
*

※ まとめ ※ サプリメント ※

1)食欲廃絶から食欲が戻るまで

※混合サプリメント
ビタミンA 1万IU
ビタミンE 400IU
ビタミンB複合体 50mg
ビタミンC、粉なので超適量
ピクノジェール1錠
猫マルチビタミン&ミネラル剤を2錠

以上を、乳鉢でよくすり潰して、出汁混布で溶きました。
これを2日間冷蔵庫保存して、針のない注射器で
1日3回ほど飲ませます。
3日目に残りは捨てて、新しく作ります。

※別途飲ませる:1日1回
DHAの錠剤・・1回3錠を2回飲ませました。
1錠の含有量が少なかったので、1日6錠になりました。
(体重1kgに対して100mg摂取するのが理想。)

CoQ10・・30mg/毎日

※ホメオパシー
ホメオパシージャパンの製品
オシッコが出ないときにスタッフサグリアのみ、飲ませました。

オシッコが出始めて、猫ホメオパスからのレメディーに切り替えるまで
バイタルソルト
サポートJ

上に戻る

******************

2)食欲が正常に戻った時のサプリメント


10月中頃から11月末まで以下のように飲ませています。

※混合サプリメント類
ご飯以外に、針の無い注射器で飲ませる。

以下は、カプセルまたは錠剤1つを使っています。
2日分として、1日2回/1回2cc飲ませています。
残った物は、3日目には捨てて、新しく作っています。

ビタミンA、1万IU
ビタミンB群、約20mg
ビタミンE、400IU
ビタミンC、500mg
ピクノジェノール、30mg
カルシウム、200mg

猫用マルチビタミン&ミネラル剤
上記を、乳鉢でつぶして、昆布出し汁で溶く。

別途飲ませているサプリメント:1日1回
CoQ10、30mg、1錠
EPA300mg錠剤、1錠

※ホメオパシー
猫ホメオパスのレメディー2種類

※猫マッサージや鍼治療
ご飯を食べさせる前に、猫の頭、首、背中、腰、
なぜると、ご飯をよく食べます。
息子が鍼灸師の学生なので、家庭でも鍼治療が出来ました。

上に戻る

*******************

3)すっかりよくなったように見える

12月~年明け1月

※タンパク質35%前後の手作りご飯

※ホメオパシー
猫ホメオパスのレメディー2種類

※ActiPetをご飯に混ぜる。
猫ご飯栄養計算した上で、手作りご飯を食べる時に混ぜる。

Acti Petは猫用マルチビタミン&ミネラル剤

※混合サプリメントをご飯に混ぜる
(各カプセル1個)

消化酵素: 1錠
プロバイオティックス:1錠
ビタミンC1000mgとビタミンB群50mgが一緒になっている
カプセル1錠
ビタミンE:400 IU
コリン:350mg

(コリンが腎臓に良いと書いてある本は1冊のみ
人間用の健康本だけでした。「健康への道」ですが
今は廃盤になっています。
日本語になっている海外ホリステック獣医の本には、記載が
ありません。私の判断で飲ませました)

以上のサプリメントをすべて、蓋の出来る容器に入れて
1日2回の食事に少量混ぜました。10日程度で使い切りました。
ビタミンAは羊レバーで補えるので、ビタミンAサプリメントは使用
していません。

別途飲ませるサプリメント:1日1回
プラセンタ:1錠
EPA300mg:1錠

お高いプラセンタですが、行きつけの漢方薬局から奨められました。
漢方薬局の奥さんのお父さんが、お勤めだった会社の製品だそう
で、飼っていた犬が肝臓病の時も、飲ませて良くなったとか・・・

このプラセンタは、主人も私も飲んでいます。
猫ほど効果は感じられませんが、長男が疲れている時に
2日ほど飲ませると、元気になっていました。若い子は効き目が
早いと思いました。

上に戻る

*
*
*

※ まとめ ※ 食事 ※

1)食欲廃絶から食欲が戻るまで

※強制給仕の食事
季節は秋でしたが、猫が食べるだろ思う野菜を用意しました。
ツルムラサキやモロヘイアは、味が独特ですが、うちの猫は
大好きなんです。

n-6:n-3の腎臓比率ですが、(このレシピで腎臓比率 0.4)
EPA の錠剤を飲ませていたので、腎臓比率を合わしていません。
n-3系脂肪酸のEPAを多目に飲ませたことになります。

いつもならレバーも使ってビタミンAを補いますが、別途サプリメント
混合で飲ませていたので、ご飯には入れていません。

2.3日分ですが、分量どおり全部食べさせるのは大変で、
3日ぐらいかかって食べさせました。少々残ったご飯は破棄しました。

ラム・もも・脂身つき-生 200
以下、一緒に煮る
かたくちいわし・煮干し 10
さんま-生 40
かぼちゃ(西洋)-冷凍 30
セロリー・葉柄-生 60
つるむらさき・茎葉-ゆで 60
モロヘイヤ・茎葉-ゆで 50
さつまいも-蒸し 150
黒豆・国産-ゆで 10
カルシウム剤 粉 (NOW社) 1
エゴマオイル 4

エゴマオイルは、ご飯がすっかり冷めてから、混ぜます。

生ですりおろして、食事毎に混ぜる

きゅうり-生 60

フリカケ

かつお・削り節 4
タンパク質g 62.2 35.0%
脂質g 45.1 25.4%
動物性タンパク質(家畜肉+魚類) 54.9 30.9%
炭水化物g 61.4 34.6%
ナトリウムmg 392 0.22%
カリウムmg 2349.4 1.32%
Caカルシウムmg 795.0 0.45%
マグネシウムmg 181.14 0.102%
リンmg 710.9 0.40%

腎臓比率 0.4

以上の強制給仕ご飯以外に、ラム肉や牛タンを少量。

上に戻る

**********************

2)食欲が戻りだした頃

羊の腎臓や肝臓を使いました。
オカヒジキも好きなので、加えています。

だいたい5日分

ラム・かた・脂身つき-生 540
以下、一緒に煮る
Uラム・肝臓ー蒸し焼き 15
かたくちいわし・煮干し 10
さんま-生 100
おかひじき・茎葉-ゆで 70
かぼちゃ(西洋)-冷凍 200
セロリー・葉柄-生 150
つるむらさき・茎葉-ゆで 100
さつまいも-蒸し 250
エゴマオイル
ご飯が冷めてから混ぜる
12

フリカケ

かつお・削り節 15

生ですりおろして、食事毎に混ぜる

きゅうり-生 100

ご飯に混ぜたサプリメント

ActiPet 総合1個1.25g 2.5
カルシウム剤 粉 (NOW社) 3.5
亜鉛

腎臓比率0.7
脂質が多いので、油をこれ以上増やしたくなくて、腎臓比率を
あえて合わせていません。
n-3系脂肪酸を多くしています。

タンパク質g 144.9 33.6%
脂質g 133.0 30.9%
動物性タンパク質(家畜肉+魚類) 133.2 30.9%
炭水化物g 129.8 30.1%
ナトリウムmg 871 0.20%
カリウムmg 5615.7 1.30%
Caカルシウムmg 1715.4 0.40%
マグネシウムmg 394.75 0.092%
リンmg 1482.3 0.34%

上に戻る

*******************

3)すっかりよくなったように見える

12月~年明け1月
鶏肉もボチボチ食べだしていますが、また鳥インフルエンザが
流行りだして、ラム肉中心に食べています。

腎臓比率は、2.5前後に合わせています。

だいたい12日分

ラム・もも・脂身つき-生 1000
Uラム・心臓ー生 200
以下、一緒に煮る
Uラム・肝臓ー蒸し焼きbraised 50
かたくちいわし・煮干し 10
かつお・削り節 20
スナップえんどう・若ざや-生 90
かぼちゃ(西洋)-生 442
ごぼう・根-生 100
こまつな・葉-生 300
セロリー・葉柄-生 120
タアサイ・葉-生 89
なばな・洋種・茎葉-生 190
さつまいも-生 500
とうもろこし油
ご飯が冷めてから混ぜる
20
エゴマオイル
ご飯が冷めてから混ぜる
6
以下、サプリメント
ActiPet 総合1個
食事の直前に混ぜる
3
以下、ご飯に混ぜたサプリメント
NOW社 クエン酸カルシウム剤 粉 9
亜鉛 20mg
タンパク質g 35.2%
脂質g 22.9%
動物性タンパク質(家畜肉+魚類) 31.2%
炭水化物g 36.1%
ナトリウムmg 0.15%
カリウムmg 1.48%
Caカルシウムmg 0.44%
マグネシウムmg 0.088%
リンmg 0.38%

上に戻る

 

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |