[ハーブ]犬猫ハーブ サルサパリラ Sarsaparilla

Leunert / Pixabay

犬猫ハーブ サルサパリラ Sarsaparilla

学名:Smilax  spp       ユリ科

主成分:ステロイドサポニン1~3%、
ステロール(βーe、シトステロールから成る)
でん粉(50%)、樹脂、サルサブ酸、無機質。
使用部位:
安全性:妊娠または授乳中飲んではいけないそうです。
量が多いと胃痛が起こるとも言われています。

推奨量:(推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)

浸出液で飲むそうです。一般的な量で服用する?
作用:抗炎症、利尿、発汗。

・湿疹、乾癬、かゆみの有る皮膚病。
・リウマチ、リウマチ様関節炎、痛風。
・月経前の症状、虚弱や憂鬱症といった更年期障害。
・泌尿器系疾患の治療。
ホメオパシーとしての働き
ホメオパシーのサルサパリラは、膀胱炎に使用されているそうです。
排尿時に激しい痛みがあるとき、頻尿だけど尿が少ししか出ない、
排尿の終わりに痛みが走る時などに使われるそうです。

管理人から・・・

研究不足のハーブと言う本もありました。
でも、筋肉の膨張を引き起こすとかで、ボディービルダーに人気が
あるとも言われています。
また、強壮剤にもなるとか、昔から男性に人気があったようです。
ステロイド性の物質にサポニン配糖体に男性ホルモンが入って
いると主張されるハーバーリストさんもいるそうですが、
証明はされていません

1600年ごろ貿易船によって、アメリカからスペインに入ったそうです。
ヨーロッパでも中国でも、同じような目的で飲まれていたようです。
実験より事実があるっていうような、ハーブかなと思いました。

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |