[ハーブ]犬猫ハーブ ゴールデンシール goldenseal

2allmankind / Pixabay

 

犬猫ハーブ ゴールデンシール goldenseal

学名:Hydrastis canadensisL.
キンポウゲ科
主成分:イソキノリンアルカロイド(ヒドラスチン・ベルベリン・カナディン)
揮発油・樹脂

ヒドラスチン:血管の平滑筋を収縮させる作用。自律神経の刺激作用。
ベルベリン:抗菌、抗アメーバー作用。中枢神経の鎮静作用。
カナディン:子宮の収縮作用

使用部位:根
安全性:子宮の収縮作用があるので、妊娠中は使用しない。
昇圧作用がある、高血圧の人は使用しない。
鼓膜破裂の疑いがあるとき、点耳剤を使用しない。
生のゴールデンシールを食べると、粘膜潰瘍が起こる事もある。
ビタミンB群の吸収を阻害する。
注意:ベルベリンには中程度の毒性があります。
長期にわたる犬猫の研究では(ベルベリン2mg/kg)、
血管を膨張させ迷走神経を刺激することによって、
心機能低下することが分かっています。
この高い投与量によって、腸や子宮の平滑筋を刺激し
呼吸も低下したそうです。
しかし、より低い投与量では、腸平滑筋の蠕道抑制し
心肺機能を刺激した。
心筋に刺激作用があって冠動脈流を増大させた。
このような反対の作用がでたそうです。

猫・犬には十分注意してください。
推奨量:(推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
人間でチンキとして1ml~4mlとされています。
猫や犬の体重を考えて、ごく少量にしてください。
長期間飲むことは危険です。
作用:強壮作用・弱い弛緩作用・抗炎症作用・抗菌作用・
苦味による健胃作用。
収斂・消化促進・胆汁分泌促進・抗カタル・緩下・
胃粘膜の治療・血圧上昇。

人間の場合 

チンキ:鼻カタル、粘膜性大腸炎、胃炎、
消化不良、食物過敏症、肝臓強壮剤、
月経前症候群、過多月経、などは
0.5ml~1mlを1日3回の服用

洗浄剤:チンキ5mを水100mglで薄める。
皮膚炎、はしか、湿疹に洗浄剤として
使う。

うがい剤:チンキ2ml~3mlをコップ1杯の温水で薄める。
歯肉炎、口内炎、喉の痛み。

カプセル:200mgのカプセル1日3回
胃炎、呼吸器感染症。


管理人から・・・・・
大変人気のあるハーブです。乱獲され絶滅が危惧されています。
『あなたの庭に植えてください』とか『オレゴングレープを代用に』とか
書かれているHPも見受けられます。
大切なハーブだと思いますが、安全性をよく理解して
うまく使っていきたいものですね。
犬猫の使用量は、ピトケアン先生の物を参考にしてください。
ビタミンB群も一緒に、飲ませることを忘れないでね。

追記・・・・猫のあごニキビ、歯磨きに。人間の歯茎の腫れ、風邪と
色々使っています。猫にはグリセリンチンキで、人間は
カプセルで使っています。
参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |