ハーブや薬草を飲まれる時の注意

Skitterphoto / Pixabay

 

各ハーブの説明を読まれて、試される方は、自己判断、自己責任でお願いします。
ただの猫の飼い主の管理人がコツコツと調べたました。
ホリスティック獣医に診察してもらって、ハーブ薬やサプリメントを
処方してもらうのが、一番だと思います。

服用量は人間用です、ワンニャンに用いる時は、ワンニャン服用量
ページを参考にしてください。

薬草以外は、ほとんどカプセル、チンキ、エキス剤など製品になっています。
製品の注意書きにある服用量を守ってください。
ワンニャンは、その服用量を体重で割って、考えてくださいね。
なるだけ、ワンニャン服用量のページを参考にしてください。
●くどくて、ごめんね・・・m(__)m●

安全性の所の禁忌は、守ってね。副作用も本によって、違う場合もありま
すが、ほとんど全部調べました。人によって副作用の出かたも違うだろうと、
思ったからです。

俗に言う好転反応って、素人にはわかりにくいので、体調が変わる、
湿疹がでたなど、変わったことがあったら、飲むのをやめてください。

漢方医やお医者さんから、サプリメントを勧められて、体調が変わった方は、
そのお医者さんに、このように体調が変わったと報告してください。
薬局で買われた時も同じです。

自己判断で、ネットで海外通販で買われて、ハーブを試されている方は、
くれぐれもご注意ください。
ハーブも漢方も間違って用いれば副作用もあります。
アレルギー体質の方も、お気をつけください。

体に合う合わない、効く効かないって、それぞれの体質のように思います。
二重盲検査をしたからって、すべての方に合うわけではないのです。
メーカーの説明の二重盲検査って、「症状の改善が顕著」と「改善がやや
見られた」 これらの数を足して、このように何%の方に効果があったと
しています。
乱暴な説明ですが、専門家からみたらナニ言うてんねん!と叱られるの
覚悟で言いますけど、ひっくるめて効果があった方以外は、効果が無いのです。
自分はこのハーブを飲んで、効果が有る側になるのか、効果が無い側になる
のか、わからないのです。ひょっとして副作用何%の側に入るかもしれません。
薬も同だと思っています。

願わくば、副作用無く、効果有りの側になりたいと、いつも願って、飲んでいます。
(副作用の所も読んでね。)

各ハーブ説明で、私や猫が飲んだハーブの感想は、単なる個人の感想ですので、
効果が無いのではありません。効く方には効くと思います。
私の試したハーブは、ほとんど、カプセルやチンキです。
浸剤や煎じ液を作るより楽ですから・・・・・

各メーカーによっても、ハーブの効き目は違うように思います。個人の体験
ですから、あいまいなんですが、効果のある部分をカプセルにしている商品から、
他の部分も一緒に入っている商品と、メーカーによって違っていました。
(例えばエキナセア、根に薬効があるんですが、葉っぱや茎を混ぜてあったりです)
効果のある部分だけを、カプセル又はチンキにしている商品の方が、
効き目があったと感じます。あくまでも個人の感想です。

お医者さんに相談してねって書いていますけど、お医者さんってサプリや
ハーブのこと知らない先生もいます。鼻っから効かないと断言する先生も
います。日ごろからハーブ、漢方、サプリに興味を持っているお医者さんを
見つけてください。高いサプリを売る先生はイヤヤけど・・・・

普通の薬局、漢方薬局、ハーブ屋さん、お勉強して詳しい所と、利益の上がる
商品を売る所と色々です。同じお金を出して買うのですから、ご自分にとって
「いいなこの薬局は」と思う所を、探して下さいね。
ハーブもサプリメントですが、便宜上分けました。

ハーブの説明も少しずつ増やしたいと思っています。願望です~~

予定していた日本の薬草は省かせて頂きました。<m(__)m>
同じ薬草ですもの、わける必要はなかったと、気が付きました・・・

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |