妊娠母猫と子猫の栄養

子猫の離乳から生後1年ぐらいまでの栄養
子猫の時から栄養に気をつけてあげてください。
子猫は食べ過ぎるとすぐに下痢します。
便の様子を見ながら手作りご飯をすすめてください。
子猫ご飯のレシピもあります。

間違えないようにと思いつつも、間違いがあるかも、オイオイ直して行きます・・・m(__)m
(以下の参考文献 「小動物の臨床栄養学」 学窓社
なんか、よく分からないって方、この本買って読んでね)

妊娠と授乳期 離乳初期 離乳後期 まとめと子猫ご飯レシピ

〔妊娠と授乳期〕お母さん猫

母乳生産は出産と同時に始まる。
3~4週間後に授乳最盛期となる。
新生子猫の体重は、1日に10g~15g増加する。
7g以下では不十分である。

・水
水は正常な繁殖に必要であり、母乳生産にも重要である。
繁殖期の母猫には十分な水を用意する。

・エネルギー
妊娠中のエネルギーは体重1kgに対して90~110kcal
(維持期の20~50%増)とされています。
母猫の個体差新生子猫の大きさにより、推奨量を上回る
場合があるので、自由採食法が望ましいとされる。

授乳中のエネルギー
出産時、体重1kgに対して90kcal
7週目、体重1kgに対して270kcal
授乳が増えると必要エネルギーも増えます。
新生子猫の兄弟が多い場合、授乳期の母猫のエネルギー
要求量が多くなり、正確な数値は決定しがたいので、
自由採食が望ましいとされる。
子猫の離乳食が始まれば、授乳が減るので、その分
母猫の必要エネルギーは減ってきます。

授乳期母猫の体重は、減少し続け離乳期の頃に、交配
前の体重に戻る。
授乳によって、体重が減りすぎる場合は、エネルギーを
増やして、母猫の理想体重まで回復させる。

・タンパク質
食餌中のタンパク質は、一般的に消化率が高く
猫に必要なアミノ酸を多く含む動物性タンパク質
が必要とされる。

妊娠期の母猫 推奨タンパク質濃度35%DM

授乳期に母猫 推奨素タンパク質量は最小35%DM

妊娠中母猫のタンパク質欠乏は、死産、未熟子、
子猫の免疫機能障害の原因となる。

授乳中母猫のタンパク質欠乏は、貧乳、
子猫の帰巣本能の遅延、移動発達障害、情動反応の低下
の原因になる。

・タウリン
母猫がタウリン欠乏になると、胎児の死亡、流産、
胎児形成不全、成長発達の遅延。

タウリン必要量は成長期と同じでよいとされている。
乾燥重量1kgに対してドライフードで0.1%
ウェットフードで0.2%とされている。

タウリンは栄養計算ソフトでは、項目がないのですが、
肉類からタンパク質を摂取していると、要求量は足りて
いるそうです。AAFCO基準値以下に、ならないように
気をつけて下さい。

・脂肪
妊娠中、授乳中の母猫にとって、脂肪は効率よく
エネルギーに変わり、高カロリー源となる。

脂肪必要量
妊娠期、食餌中最小量18%DM

授乳期 食餌中最小量35%DM

猫に必要とされるリノール酸、アラキドン酸の必要量
リノール酸  9%DM
アラキドン酸  0.02%DM

DHAは子猫の網膜機能正常発達に必要とされています。
授乳中の母猫の食餌には、魚・家禽類の肉が必要です。

・カルシウムとリン
カルシウム、リンのバランスは
1:1~1.5:1

妊娠期における高カルシウム摂取によって、産後子癇の
危険因子と、なりうるのではと言われている。
産後子癇の原因は、はっきりしていません。

・炭水化物
炭水化物の要求量は猫では証明されていませんが、
授乳中の母猫の体重減少を防止すると考えられ、
母猫の血中グルコース濃度を保つ為タンパク質を必要に
応じて貯蔵し、乳生産期の乳糖に基質を供給する。

炭水化物の必要量 最低 10%DM

・銅
銅の要求量は乾燥重量1kgに対して5mgとされて
いますが、銅の中でも酸化銅は利用価が低い為、
酸化銅含有の食餌では母猫の銅欠乏症が認められた
そうです。
銅を供給する時は、酸化銅ではなく硫酸銅又は
キレート化された銅が、食餌には適していると
されています。

キレート化とは、主にミネラルを有機物などで包んで
しまうことを言います。ミネラルは鉱物なので硬く、
しかも水に溶けにくいので、吸収しにくいので、
有機物によってミネラルを綿のように柔らかく包むと、
吸収しやすくなります。
キレートとはギリシャ語で「カニのはさみ」という意味です
が、ここでは“ミネラルを他の物質で挟み込む”という
意味になります。

・ビタミンA
過剰症は、口蓋裂の子猫が生まれる可能性が
あるとされています。
また、ミネラルの欠乏も疑われています。
ただし、口蓋裂の原因は特定されていません。

・消化率
消化率85%以上が望ましいとされています。
生肉は、消化率96%です。
(生肉って消化がいいんですね)

その他の栄養成分は、AAFCO基準値の成長期と妊娠、授乳期の
最小栄養素許容量を参考にして下さい。

◎母猫の母乳の栄養◎
野良猫ちゃんを育てるには、猫用のミルクを買うと思います。
ミルクに赤ちゃん猫に必要な栄養が入っているか、
表示を良く見て下さい。

猫母乳栄養 初乳 普通j時
猫母乳
  水分(g/100g) 79
  乾燥重量(g/100g) 21
  素タンパク質(g/100g) 8.3 7.5
      アルギニン 357 347
      タウリン 26 27
      メチオニン 202 188
  素脂肪 (g/100g) 9.3 8.5
  乳糖 (g/100g) 3.0 4.0
  カルシウム (mg/100g) 46 180
  リン (mg/100g) 114 162
  カリウム (mg/100g) 103
  マグネシウム (mg/100g) 11 9
  銅 (mg/100g) 0.04 0.11
  鉄 (mg/100g) 0.19 0.35

 


〔離乳初期〕赤ちゃん猫

母猫に十分な栄養があれば、授乳期は無事に済みます。
生後3~4週で離乳が始まります。子猫はお乳以外の
食餌を食べはじめます。
生後6~10週で離乳は完了します。

母猫に育てられていると、こんなに早く離乳が完了するのか?
少し疑問に思います。野良猫ちゃんなら、このペースで離乳が
完了するのでしょうか。

3~4週 固形物を食べ始めるが、カロリー摂取の
95%は母乳から摂取する。

5~6週 固形物から30%のカロリー摂取し、残りは
母乳から摂取する。
固形物の摂取は、子猫が完全に母乳に頼らなくなるまで
徐々に増えていく。

短毛種は6週例で離乳。
純血種では、8~9週例で離乳。
離乳の長期化は、子猫の成長、免疫系の成熟に時間を
かけることによって、離乳後期の死亡率を下げる。

離乳初期では、ウェットフード又はドライフードを代用乳
でふやかすが、ドロドロにしてはいけないそうです。

6~8週目で、ふやかさない固形物を食べ始める。
高消化性のフードが必要、
乾物で80%の消化率、
タンパク消化率85%必要

離乳食から手作り食すると、大人になっても手作りを
食べてくれると思います。
生肉の消化率が96%あるので、離乳食が始まった子猫も
生肉を使った食事でも十分消化すると思います。
生肉をフードプロセッサーにかけたり、叩いたりして、
子猫が食べやすいようにした方が良いと思います・・
食べ物で子猫が細菌感染などしないように、良い鶏肉、
清潔に調理する等、お気をつけ下さい。

離乳初期の栄養素
・タンパク質

■AAFCO基準値 30%DM
■母猫の母乳タンパク質含有率 33~44%DM

・タウリン
12~18週齢子猫で、1日150~197mg/kg(体重)
のタウリンが必要。

■AAFCO基準値 0.1%・0.2%(缶詰)
■母猫の母乳タウリン含有率 300ml/L

タウリン含有率の低い食餌の母猫は、母乳のタウリン
含有率も低い。

・脂肪
■AAFCO基準値 素脂肪 9%DM
リノール酸 0.5% DM
アラキドン酸 0.02 % DM

■母猫の母乳脂肪含有率平均 20%DM・85g/L
母乳中のリノール酸 5.8% DM
母乳中のアラキドン酸 0.5% DM

DHAも必要、母猫の食餌中のDHA含有量によって
母乳中の含有量も変わると言われています。
推奨量は分かりません。
お母さん猫に、アジやイワシ、マグロなど
加熱して、食べさせてあげてね。その時は
ビタミンEもお忘れなく。

・炭水化物
授乳中や成長期の炭水化物は設定されていませんが、
母乳中には乳糖濃度14~25%DMあります。

牛乳は、乳糖分解酵素活性は、離乳後すぐに成猫
レベルまで下がりますので、離乳後の牛乳は
止めてください。

・カルシウムとリン
初乳ではカルシウム濃度が低いが、徐々に増加する。
授乳中期から後期の母乳カルシウムは約1%になる。
リンにはこのような、変化はない。

■AAFCO基準値 カルシウム 1% DM
リン   0.8% DM

■母乳の授乳中期から後期のカルシウムとリンの割合は
1.2:1 となる。

AAFCO基準値のカルシウムとリン最小値は、多いのではという
(カルシウムDM1%、リンDM0.8% AAFCO基準値)
指摘もあります。成猫、子猫でカルシウム・リンのバランス試験
をしたそれぞれの研究者はカルシウム0.5%,0.36%、リン0.65%,0.28%
が猫の要求量ではと言っています。子猫のカルシウム要求量も、
NRC飼養標準カルシウムDM0.8%の方を推薦しています。
水分の多いフードを食べている子猫には、容認出来る値だそうです。

どの説をとるか・・・迷いますが、あるときはAAFCO基準値、あるときは
NRC飼養標準とでもと・・・

その他の栄養成分は、AAFCO基準値の成長期と妊娠、授乳期の
最小栄養素許容量を参考にして下さい。

離乳初期では、かなり母乳を飲んでいます。固形物として
5%の離乳食ってどれぐらいの量になるのでしょうか・・
月例と体重別のカロリー表でみると、生後1ヶ月で96㌍
必要で、それの5%というと、4.75㌍を固形物でとる?
まとめて作っても、どんどん大きくなるので、5日分ぐらい
の作り置きぐらいしか出来ないと思います。

母猫って、自分の食べ物を噛んで、子猫に食べさせる・・・
こう言う事って母猫はするんでしょうか?


〔離乳後期と成長期〕赤ちゃん猫

子猫は20週齢ごろまで、1週間で約100g体重が増加します。
30週齢で体長が成猫の80%になると、成長速度がゆるやかになる。
40週齢(10ヶ月)で成猫の体重になる。
12ヶ月以上になると、体重はさらに増えて、筋肉が発達し、
成熟期を迎える。

◎離乳後期(8週齢から10~12週齢)の主なる栄養◎
・・・フードレベル(乾燥重量)

エネルギー密度(kcal ME/g) 4.0~5.0
体重1gに対して、4~5㌍が必要

タンパク質 35~50%
(タンパク質の注意:高蛋白フードDM56%では、
正常な尿素回路のために
アルギニンが要求量の1.5倍必要)

脂肪 18~35%

炭水化物 10%

素繊維   <5%

カルシウム/リン比 1.1:1~1.5:1
カルシウム   0.8~1.4%
リン 0.6~1.4%

ナトリウム 0.3~0.6%

クロール 0.45%

カリウム 0.6~1.1%

マグネシウム 0.08~0.15%

尿pH 6.2~6.5

AAFCO基準値より多いから、エッと思いますが、AAFCO基準値は
最小値ですから、フードレベルになると、これぐらいの数値が
必要なのでしょうね。


離乳期のまとめ

この表の下に子猫ご飯レシピがあります。

空欄の所は、栄養がいらないのではなく、単に資料がないだけです。

どの栄養素も、なくてはならないものです。

月齢 体重1kgで
1日の
カロリー
タンパク質
脂肪
カルシウム

リン
タウリン
(その他)
予備知識
出生時
2501ヶ月
240
■AAFCO基準値
タンパク質
30%DM

■母猫の母乳
タンパク質含有率
33~44%DM

*************

■AAFCO基準値
素脂肪 9%DM
リノール酸
0.5% DM
アラキドン酸
0.02 % DM

■母猫の母乳
脂肪含有率平均
20%DM・85g/L
母乳中のリノール酸
5.8% DM
母乳中のアラキドン酸
0.5% DM

■AAFCO基準値
カルシウム 1% DM
リン 0.8% DM
3~4週
固形物を食べ
始めるが、
カロリー摂取の
95%は
母乳から
摂取する。
210 ■AAFCO基準値
カルシウム 1% DM
リン 0.8% DM
■母乳の授乳中期
から後期のカルシウム
とリンの割合は
1.2:1となる。
5~6週
固形物から
30%の
カロリーを
摂取し、
残りは
母乳から
摂取する。
固形物の
摂取は、
子猫が完全に
母乳に頼らなく
なるまで徐々に
増えていく。
200 ■AAFCO基準値
タンパク質
30% DM

タンパク質
カロリー26%
(7.5g/100㌍)
最低でも
これくらいは必要。

■フードの
29%は
動物性
タンパクが必要。

*************
離乳後期の
主なる栄養
タンパク質
35~50%
脂肪
18~35%
炭水化物
10%

離乳後期の
主なる栄養

カルシウム/リン比
1.1:1~1.5:1

カルシウム
0.8~1.4%
リン
0.6~1.4%

離乳後期の
主なる栄養缶詰で
2,500ppm

*************
その他の栄養
離乳後期の
主なる栄養

ナトリウム
0.3~0.6%

カリウム
0.6~1.1%

マグネシウム
0.08~0.15%

尿pH
6.2~6.5

短毛種は
6週例で離乳。
純血種では、
8~9週例で離乳。

離乳の長期化は、
子猫の成長、
免疫系の成熟に
時間をかける
ことによって、
離乳後期の
死亡率を下げる。

175 12~18週
齢子猫で、
1日
150~197mg/kg
(体重)
のタウリンが必要。
■AAFCO基準値
0.1%・0.2%
(缶詰)
■母猫の母乳
タウリン含有率
300ml/L
6~8週目で、
ふやかさない
固形物を食べ
始める。
高消化性のフード
が必要、
乾物で80%の
消化率、

タンパク消化率
85%必要

145 子猫は
20週齢頃まで
1週間で
約100g
体重が
増加します
135
120 30週齢で
体長が成猫の
80%になると、
成長速度が
ゆるやかに
なる。
110
100
10 95 40週齢(10ヶ月)
で成猫の
体重になる。
11 90
12 85 12ヶ月以上に
なると、
体重は
さらに増えて、
筋肉が発達し、
成熟期を迎える。

赤ちゃん猫のご飯  こんな感じかな~ 作ってはみたものの、自信は皆無・・m(__)m
不都合な所が見つかれば、やり直し・・・しますです。

生後2ヶ月体重1kgで2.5日分

生後4ヶ月体重1.5kgで2日分

鶏胸肉 皮付き 60g

鶏モモ肉 皮付き 40g

鶏モモ肉 皮なし 70g

鶏心臓 20g

鶏肝臓 5g

さけ(しろサケ)生 5g

まあじ 70g

薄力粉 8g

オートミール20g

じゃが芋水煮 20g

人参皮付きゆで 10g

ブロッコリーゆで 10g

白菜ゆで 10g

***********

タンパク質 45.87%

脂肪  19.73%

炭水化物   22.50%

メチオニン    1.6%        +

アルギニン    2.9%        +

リノール酸    2.7%        +

アラキドン酸   0.15%     +

ビタミンD    2.6μg      +

ビタミンA   893μg      +

銅 0.28mg               –

亜鉛 3.9mg             –

鉄  3.7mg              –

ナトリウム  0.17%

カリウム  0.89%

マグネシウム  0.079%

リン  0.52%

カルシウム0.04%

カルシウム不足分641mg(カルシウム1.2  リン1 で計算)

ミネラル、ビタミンと不足があります。子猫サプリメントで補って下さいませ。
内臓肉、魚、穀類、野菜は加熱してね
柔らかく煮て、さめたら肉をいれて、フードプロセッサーでドロドロに、
2ヶ月ぐらいの赤ちゃんは、ドロドロで、4ヶ月ぐらいで、少し肉を
感じる程度のつぶし方で、どうでしょうか。

ドロドロにする水分は、猫赤ちゃんミルクを使ってもと思います。

サプリメントをくわえる時も、栄養計算表に100gで計算して
数値を入れると、サプリメントの入れすぎを、ふせげると思います。

母猫がいない子猫を育てるのは大変です。離乳食作りに、これでも使って
頑張って見てください。

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |