[ハーブ]犬猫ハーブ イチョウ ギンコ Ginkg

creisi / Pixabay

 

犬猫ハーブ イチョウ  ギンコ Ginkg

学名:  Ginkgo biloba

主成分: フラボノイド、ギンクコリド、ビロバノイド

使用部位: 葉、

安全性: ●薬用のMAO阻害薬に影響を与える可能性がある

MAO阻害薬とは:抗うつ薬
モノアミン酸化酵素阻害薬
monoamine oxidase inhibitors(MAOI)は
主として副作用(肝障害、薬物相互作用による有害反応)
の問題からほとんど使用されていない。

●ギンコール酸は種子の外皮に多く含まれ、
接触皮膚炎やアレルギーを起こす。
この成分は葉にも0.1~1%含まれているので、
ギンコール酸が除去されている製品を選ぶこと。
種子の銀杏は、生で食べることを昔から禁じています。
ゆでた銀杏またはローストした銀杏を1日10個以上
食べてはいけないとされています。

● イチョウ葉の健康食品として売られているのは、
公園や街路樹のイチョウの木とは違うものです、
健康食品に用いられている以外のイチョウの葉を
むやみに食べないようにしてください。
原葉はギンゴール酸により、胃腸障害やアレル
ギーを起こす可能性があって危険とされています。

●イチョウ葉と薬の注意
解熱剤のアスピリンとの併用で目の前房部分の出血、
血液抗凝固剤のワルファリンとの併用で脳内出血と
いった異状の報告例がある。

推奨量: (推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
     1日 120mg、 症状によって240mgまで増量
することもある。
テルペンラクトンを6%、フラボン配糖体を24%含有する
よう標準化されているものとする。これを1日2~3回服用する。
脳循環不全、うつ病、記憶力低下なら240mgまで服用可能。
また、効果が現れるまで6~8週間ほどかかるとされています。

作用: 血流改善作用、循環器の刺激、抗炎症作用、抗アレルギー作用、
○1974年フランスで、1978年にドイツで医薬品として販売されて
いるそうです。
イチョウの葉は昔からのハーブではなく、イチョウ葉から抽出
物の精製によって、効果が認められたハーブです。

ヨーロッパでは脳循環不全に伴う機能障害、
(めまい、耳鳴り、頭痛、記憶力低下、不安感を伴う不安定)
脳神経障害、脳外傷の後遺症、抹消循環障害、毛細血管循環障害、
循環器から来る感覚疾患障害、と沢山適応すると言われています。

○最近、耳鳴りについてはあまり効果がなかったと発表もされています。

○アルツハイマー型と多発梗塞性痴呆症患者で、二重盲検が行わ
れて痴呆症の改善がしめされた。
痴呆症状のうつ症状も改善されたそうです。

○抗炎症作用として、様々な自己免疫疾患や複合的な硬化症に
有効とされています。

管理人から・・・・・
痴呆症の改善薬としてすごく脚光を浴びているハーブですが、
くれぐれもその辺のイチョウの葉っぱを食べないでください。
ちゃんとした・・ギンゴール酸除去した製品を求めてください。
最近このギンゴール酸の除去が、ちゃんと出来ていない製品が
あったそうです。
1997年にアメリカ医師会雑誌にアルツハイマー症の
二重盲検法の結果が発表され、イギリスでは健康人を対象に
集中力の研究がされたりと、人間での研究が多くされています。
良い結果が出ているので、日本ではすごいお高いハーブになって
います。
でも人間を対象にした違う実験で、イチョウはたいして効かない
というような発表もあったりで、素人は迷うばかりです。
脳の血流を良くするとか、血栓を取るとか言うハーブは、
薬の飲み合わせにご注意ください。
決められた用量を守ってくださいませ。

追記・・・ギンゴール酸について、メーカー側の意見も読んだことがあります。
買う時は、この辺についてよく聞いてくださいね。
私の感想ですが、ビワの成分と同じように、問題視されて
いるのかもしれません。ハーブも漢方薬も、単独の成分を抽出
すると人間にとって悪い成分だったりしますが、これが漢方薬や
ハーブとなると、そういう悪い成分が病気を治す側に回るようで、
このあいまいさが、なんとも・・・・・・
素人の私が解説出来ませんが・・・・ハーブも漢方薬も飲んでいる経験上
の話として、うまく体に合えばキイテイルヨナ~~~

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |