猫ご飯作り方お料理教室

・・・手作り食作り方・・・
ゴッチャ煮plus生肉ですから、簡単です!
うちの猫好みの方法です
あなたの猫ちゃんは、どんな料理方法が良いのか
色々試して下さいね。

調理器具、布巾等は清潔にしてね。
2004年4月
うちの猫には良い方法ですが、どんな猫ちゃんにも
合うかどうか分かりません。ご了承下さいませ。

材料は計量しましょう。
栄養計算しなくても、計量してメモしましょう。
そのメモがいつか、役に立つ時がくると思います。野菜でも肉でも、よく洗って下さいね。
写真は小豆です。一晩水につけてから、茹でました。
ゆで汁は取っておいて、他の野菜等を煮る時に使います。
沢山茹でたので、小分けにして冷凍しました。ゴボウも先に茹でて、冷凍しておくと便利です。
ゴボウのゆで汁を冷凍したものです。

 

シジミやアサリのゆで汁も冷凍しておくと便利です。

あわを煮ています。
30~60分ぐらい、水につけて、15分ほど炊きます。
この写真のアワの分量は100gです。ハトムギ、アマランサスはムチャ硬いので、粉になったものを
使うと便利です。
繊維の多い野菜、筋の多い野菜は、後でフードプロセッサーに
かけても、なんだかすっきり混ざらないので、ある程度細かく切ります。
ニンジンはすりおろすと、消化がよいです。
アワが炊けたら、野菜のゆで汁や貝類のゆで汁を入れて、
他の野菜、お魚類、レバーを入れて煮ます。
ホタテ、魚は良く洗って使ってください。ホタテのヒダのような所、黒い筋のような所は
綺麗にとっています。
野菜もホタテ(魚類)も良く煮えたら、粉類を入れます。
少量ずつ、2~4回ほど、わけて入れます。
少し入れたら、よくかき混ぜる、また少し入れてよくかき混ぜる。水分が足らない時は、野菜、貝類のゆで汁を入れてください。
なければ、お水を足してね。最近は、粉類を入れていません。カボチャ・サツマイモを代用してます。
粉類を入れると、焦げ付きやすいので、かき混ぜながら
5~10分煮ます。
すべて煮上がったら、バットなどに広げて冷まします。
麦茶を冷やすように、お鍋をお水につけて冷ましてもOK。
冷ます時はラップなどで覆ってください。
虫除け、ホコリよけです。
よく冷めたら、一口大にお肉を切って、まぜます。
肉の量の半分か3分の1ぐらい入れます。
肉の塊をいれると、フードプロセッサーが壊れるよ~
ここで、カルシウムサプリ、生であげたい野菜(パセリ)、
オイルを入れています。
家で使っている最近のサプリメントです
フードプロセッサーに入れて、肉や野菜類を
ビュ~ッと混ぜます。
残りの肉類を、猫一口大に切って、よく混ぜます。うちの猫は、肉を噛みたいと言いますので、猫一口大に
切って混ぜ込んでいます。
冷凍の袋に小分けして、冷凍します。
なるだけ空気を抜いて、ペッタンコにして冷凍します。
冷凍できる容器なら、なんでも良いと思います。
このように、猫がパクパク食べてくれると、うれしいです!

 

食べる時に、他のサプリを混ぜています。

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |