手作りご飯を始める色々な工夫(健康な猫限定)

・肉が嫌い
・野菜が嫌い
・食べる量が少ない
・冷凍肉の解凍について
・サプリメント(栄養剤)
・生肉と野菜のバランス

 肉が嫌い

お肉を食べ物と認めない猫もいます。
基本は良質の猫缶ですが、オヤツとして生肉を食べさせます。
猫一口大に切ったお肉に、カツオ削り節・煮干しの粉・ジャーキーを砕いた物をまぶして、猫に食べさせます。
お腹がすいている時間に食べさせます。はじめはお肉一切れから始めてね。

良くササミを使う事が多いようですが、猫は動物の脂から必要な脂肪酸を摂取するので、ササミなどの脂肪分が少なくリンが多いお肉は、お勧めしません。

スーパーで売っている、鶏ソティー用とかの、モモ肉や胸肉が1枚になっている物を選んで下さい。唐揚げ用に切ってある物は、それだけ酸素に触れていますし、人の手も加わっているでしょうから、なるだけ肉が塊になった状態の物を使います。

買ってきたお肉は、流水でよく洗います。
清潔なまな板、清潔な包丁、清潔なあなたの手・・・清潔に調理します。
お肉を猫一口大に切ります。冷凍袋などに重ならないように入れて、冷凍保存します。食べる量だけ解凍します。

※お肉の種類・・・生で食べさせる
鶏の胸肉・モモ肉・スナギモ・ひき肉。
鶏の心臓も猫は好きですが、血合いを良く洗う、余計な脂を切り落として下さい。鮮度が非常に良ければ、生でもOKですが、鮮度が分からないときは、茹でてあげてください。
ラム肉・マトン
うさぎ肉
七面鳥
馬肉
ウズラ肉
牛肉
豚肉は、必ず茹でてあげてください。

レバー(肝臓)ですが、鶏レバーには沢山のビタミンAが含まれています。1日なら2g~3g程度でも十分なビタミンAが含まれますので、多量に食べさせないようにしてください。

上に戻る・・

 野菜嫌い

生肉は食べるけれど、野菜が嫌いな猫ちゃんは、野菜を煮干しと一緒に煮る、又はカツオの削り節と煮る、野菜が柔らかくなったら、煮汁ごとフードプロセッサーにかけて、トロッとするまですり潰します。
(野菜ドロドロと呼んでいます(;^_^A
上品に言うと、野菜ペーストかピューレ)
お味噌汁を作る手間と同じですから、お味噌を入れる前に猫用に取り分けてくださいね。
野菜は季節の野菜で良いのですが、野菜嫌いに猫にはアクの少ない、苦味の少ない野菜をえらんでね。

野菜ドロドロの作り方:
1)鍋に小さく切った野菜を入れ、野菜がかぶる程度のお水を入れる。
例えば、さつまいも50g・小松菜50g
2)煮干し2匹ぐらいを入れる。
3)野菜が柔らかくなるまでコトコト煮る。10分~  20分ぐらい。
4)冷めたら煮汁ごと、フードプロセッサーですり潰します。

猫一口大に切った生肉30gに、小スプーン1杯混ぜて食べさせます。
残りは、冷凍袋や製氷器に入れて冷凍保存し、食べる分だけ解凍します。だんだん野菜煮を増やします。

基本食は良質の猫缶で、「生肉+野菜煮」はオヤツとして与えます。
「生肉+野菜煮」がどんどん増えたら、猫缶がオヤツになりますので、ここまでくると、手作りご飯への切り替えは成功したと言えます。
「生肉と野菜のバランス」を参考にして、猫ご飯を作ってね。

煮干し・カツオの削り節・鶏骨のスープとか、色々変えて野菜を煮てください。猫ちゃんが食べる味が分かってきます。

※猫が好きな野菜。
猫によりますが、大体の猫はわりと食べてくれます。
匂いのある野菜も、煮れば匂いが減りますから、食べますよ。

さつまいも
かぼちゃ
小豆
セロリ
パセリ
白菜
小松菜
ターサイ
チンゲンサイ
カブ
グリンピース
スナップエンドウ

ニンジンは、生をすりおろしてから煮てください。
ブロッコリーやカリフラワーは、柔らかく煮てからフードプロセッサーでつぶします。最初はニンジン、ブロッコリー、カリフラワー、カボチャが苦手な猫もいますが、ダンダン慣れてきて、食べるようになります。

ニンジン・ほうれんそう・ブロッコリーなど栄養がありそうな野菜ですが、最初は嫌う場合があります。
ほうれんそうにはシュウ酸が多く含まれていますので、尿石症の猫には積極的に食べさせなくて良いですよ。

上に戻る・・

 食べる量が少ない

「生肉+野菜ドロドロ」を食べるんだけど、量が少ないから、猫缶が止められない場合ですが、猫ちゃんは「手作りご飯も食べてあげるけれど、猫缶がイイのよう~」と言っています。(笑)
「だって、手作りご飯をちょっぴり食べてあげると、お母さんが喜ぶの~、少し喜ばしてあげてるだけよ~、猫缶命ニャッ」
このような猫ちゃんは、ほとんど手作りご飯に変更しても、全然大丈夫なんですが、飼い主さんが「手作りご飯では栄養が足らないから、猫缶で補充するの」と思っている心を、猫が読み取っています。

こうなると、猫との心理作戦になります。
猫缶のストックが切れた時に始めると良いと思います。
猫缶があれば飼い主さんも猫缶に頼りますし、猫も猫缶のストックがある事を知っています。猫缶出せニャッ!になるんですね~

1~2週間ぐらいでは、猫は栄養失調にはなりませんので、安心して以下の事を始めてください。

1)猫缶と混ぜて良いので、猫ご飯の回数を2回に減らす。
食事の量を少し減らす。
お腹減ったと訴えても、「明日の朝ね」とか言って無視します。
猫によって、2回ではどうしても無理な事もありますから、3回でも構いません。1回の量を減らしてください。
この時、少々無駄になりますが、手作りご飯と猫缶と2つお皿を並べておく方法も良いと思います。
2~3日もすれば、1日2回に慣れると思います。

お腹を減らす事が目的ですよ。

2)1日2回食になったら、手作りご飯だけにします。

・猫ちゃんに宣言します。
「健康のために手作りご飯だけにしますよ。
猫缶はもう買いません。
食べなかったら、もう知りませんよ。」
宣言する時、あなたに不安があってドキドキするなら止めておきましょう。飼い主さんが猫のワガママに腹を立てているほうが、真に迫って効果があるのです。

・手作りご飯を出したら、さっさとお買い物に行きましょう。
食べている所を見ないことです。

・手作りご飯をベランダなどに出しておいて、安全な外で食べさせます。

手作りご飯にかつお節など、猫の好きな物をふりかけてください。 猫缶が無いことを猫も知っています。お母さんの方もなんだか強気です。こなれば、猫もワガママ言っても、ダメなんだな~と思うようになります。
目の前のご飯を食べないと、お腹が減って困りますから、食べるようになります。
ベランダに手作りご飯を出してあげると、ピクニック気分で食が進むようです。

フラワーエッセンスの利用
フラワーエッセンスを使っても良いと思います。
食べ物に対して頑固な心を解きほぐします。
猫ご飯にフラワーエッセンスを希釈したものを、2~5滴ふりかけます。
フラワーエッセンスの希釈ボトルに、ミネラルウォーターを30ml入れます。必要なフラワーエッセンスを4滴入れます。これを食事のたびに4滴ほど入れます。

最初ですから、少量の「生肉+野菜煮」や猫缶に混ぜて、完全に食べてもらいましょう。

フラワーエッセンスの本には色々説明が書いてあるので、お家の猫がどんな性格か分析してレメディーを選んで下さい。
同じレメディーを、飼い主さんも一緒に飲む方が、効果があるように思います。
本は、「ペットの心を癒すフラワーエッセンスレメディー」海苑社
が分かりやすいと思います。

有名どころのレメディー
ロックウォーター・・・・習慣をあくまでも守ろうとする、
かたくなな姿勢。

クラブアップル・・・食事や栄養に変化があったとき。

ゲンチアナ・・・意気消沈して食欲不振に、
ゴースと共に用いても良い。

ヘザー・・・注目を集める為に破壊的な行動に出る。

ウィロウ・・・・陰気ですねたり、めそめそしたりと、
恨めしげな状態。

アスペン・・・特に原因がないのに、不安げで
落ち着きのない様子。

ビーチ・・・・イヤな事は受け入れなかったり、
仲間を嫌ったりする。

スターオブベツレヘム・・・・肉体的、精神的、感情的なショック、トラウマ。
母猫に育てられる子猫はごくわずかです。母猫から早く離されて売られたり、迷い猫になったりしますので、スターオブベツレヘムは、始めてフラワーエッセンスを飲ませる時に、必要なレメディーだと思います。

上に戻る・・

 冷凍肉の解凍について

 サプリメント(栄養剤)について

野菜と肉のバランス

※年寄り猫7歳以上は、生肉5:野菜5ぐらい。

※大人猫なら生肉6:野菜4ぐらいです。

※8ヶ月~1年半年ぐらいなら、
生肉6~7:野菜4~3ぐらいが、
良いと思います。

例えば、大体の成猫の1日分・・6:4
生肉120gと野菜80gになります。
野菜は、サツマイモまたはカボチャ40gぐらい、緑黄色野菜1種類、淡色野菜1種類を合わせて40gぐらいになるようにします。この分量を1日で食べきれなくても大丈夫ですよ。

上に戻る・・

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |