手作りご飯を始める時の注意

健康な猫の場合 病気の猫の場合

 健康な猫の場合

健康であれば、前のページにあるように、猫缶に少しずつ混ぜて食べさせる方法が、胃腸にもやさしいと思います。
ところが最近は、猫の世界で、手作りご飯が良いと、噂が広まったのか?いきなり手作りご飯を食べる猫も出てきました。

猫缶に少しずつ分からない程度に混ぜても、猫缶の味の変化に気付き・・・
「猫缶、ヘンな味するニャッ(▼▼メ) 」と怒る猫もいて、手作りご飯も猫缶も、ちゃんと食べてくれるそうです。本当にうらやましい話です。

ほとんどの猫は、始めからパクパク食べませんので、「色々な始め方」を読んで、作戦を立ててください。

いきなり手作りご飯を食べる猫は、そのまま手作りご飯を進めてください。
最初から栄養計算をしなくても良いですから、色々なお肉や野菜に挑戦して、猫の好みを探して下さい。

気をつけることは、生肉と野菜のバランスだと
思います。
生肉と野菜のバランスは重量で見ます。

※年寄り猫7歳以上は、生肉5:野菜5ぐらい。

※大人猫なら生肉6:野菜4ぐらいです。

※8ヶ月~1年半年ぐらいなら、
生肉6~7:野菜4~3ぐらいが、
良いと思います。

例えば、大体の成猫の1日分・・6:4
生肉120gと野菜80gになります。
野菜は、サツマイモまたはカボチャ40gぐらい、緑黄色野菜1種類、淡色野菜1種類を合わせて40gぐらいになるようにします。この分量を1日で食べきれなくても大丈夫ですよ。

お安い料理用秤を買って下さいね。お野菜やお肉を計ってメモφ(.. )して記録として残して下さいね。

お肉は、生が良いのか?ゆでるのが良いのか?と、迷う事もあると思います。私は生肉をお勧めしますが、鳥インフルエンザが心配な方もあるでしょう。ゆで肉でもOKですよ。加熱すると、タウリンが壊れてしまう
ので、サプリで補って下さい。

野菜は柔らかく煮て、フードプロセッサーで細かく砕きます。野菜の種類などは「色々な始め方」の「野菜が嫌い」の項目を見てください。

バランスを忘れないでね、手作りご飯をよく食べるようになったら、栄養計算して猫ご飯の中身を調べてね。

病気の猫の場合

なんとか病気が良くなって欲しいから、手作りご飯にしたいと考える飼い主さんは多いです。私も同じ事を考えましたから、お気持ちは良く分かります。

基本食は、なるだけ療法食缶詰を食べさせて下さいね。病気で気難しくなって、療法食缶詰を一切食べない猫は、カリカリ療法食でもかまいません。なにか食べないと生きていけませんから。

尿石症の場合は、S/Dからc/dに切り替わってから
手作りご飯へゆっくりと変えてください。

他の病気の場合も、ゆっくりと移行してください。
病気ですから、あせらないで、オヤツから生肉の練習を、始めるのが良いと思います。
完全手作りご飯を目指しても、難しい場合もあります。1日1回のオヤツでは、気休め程度かもしれませんが、生肉と野菜を食べさせてあげて下さい。

生肉は有機飼育された肉(鶏肉等)・有機野菜が良いと思います。有機物がどうしても手に入らない場合は、スーパーで普通に売っている鶏肉を買ってください。でも特価品のお肉は止めてね、鮮度の良い国産肉を選んで下さい。お野菜も同じです。

お肉の練習:おやつから始める。
生肉を猫一口大に切って一切れから練習します。
生肉にカツオの削り節・煮干しの粉・砕いたジャーキー等、猫の好きな物をお肉にまぶして、猫の鼻先に持って行き匂いをかがせます。そこで猫が食べるならOKですが、食べなければ猫の口の中に入れて、口を押さえて猫が飲み込むのを待ちます。

無理に食べさせるのは乱暴なようですが、「お肉は食べ物だ」と猫に分からせるためです。1日に1回・生肉一切れから始めて、ダンダン生肉を2切れ、3切れとふやします。とにかく肉の味を覚えさせます。

生肉に猫の好きな物をまぶしていますから、うまくいけば2~3日もすれば、お皿からお肉を食べると思います。お肉が5切れ程食べられるようになったら、野菜煮を作って下さい。

野菜の練習:
野菜は始めから欲張らないで、1~2種類ぐらいから、淡色野菜やサツマイモなど、甘くて柔らかい物を選んで下さい。
野菜の種類などは「色々な始め方」の「野菜が嫌い」の項目を見てください。野菜ドロドロの作り方も同じです。

野菜ドロドロの作り方:
1)鍋に小さく切った野菜を入れ、野菜がかぶる程度  のお水を入れる。
例えば、さつまいも20g・小松菜20g
2)煮干し2匹ぐらいを入れる。
(匂いつけの為に煮干しを入れますが、
かつお節や鶏がらスープでもOKです。
猫が好きそうな出汁を見つけてください。)
3)野菜が柔らかくなるまでコトコト煮る。
10分~20分ぐらい。
4)冷めたら煮汁ごと、フードプロセッサーですり潰  します。

指に野菜ドロドロをとって、猫の鼻にチョンとつけて、猫になめてもらいます。最初は2回ほどなめさせて終わりにしてね。煮干しの匂いがするので、ペロッとなめてくれると思います。
野菜に慣れる様、量をダンダン増やして行きます。

野菜ドロドロの煮汁は、カツオの削り節や鶏がらスープでも良いと思いますが、インスタント出汁を使わずに、普通に出汁を取って下さい。

野菜煮の代わりに青汁とか野菜ジュースを使うほうが簡単かもしれませんが、野菜にはビタミン、ポリフェノール、フラボノイド、カロチノイドと良い成分が沢山あります。この恵みを頂いて、なんとか腎臓、肝臓が持ち治ってもらいたいと思います。
野菜ジュースを使うなら、ご家庭で作って下さい。
市販物はやはりジュースで嗜好品だと思います。

お肉もお皿から3切れほど食べる・・
野菜ドロドロもなめる・・・
ここまで来たら、お肉と野菜を合わせて食べさせてみてね。最初はあくまでもオヤツ感覚で食べさせます。
オヤツの「生肉+野菜煮」を喜んで食べて、量が増えるようなら、1食として考えます。

ここまで来ると、試しに栄養計算して、病気に合うようなご飯を考えておきましょう。

いきなり栄養計算を始めると、何から始めて良いやらと戸惑います。まず、いつも食べている手作りご飯を栄養計算してみます。

いつもの食材、肉や野菜を使用する分量だけ計量します。計量した数字をメモしてください。
栄養計算表を開いて、食材の横の欄へ計量した数字を記入するだけで、栄養計算はお終いです。
計算表が勝手に、色々計算してくれて、各栄養素がどれくらい含まれているか、タンパク質は何%か等、勝手に出てきます。

病気に合わせた手作りご飯を作ることが出来ますよ。

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |