手作り食始めた理由

猫ピカイア
(NEKO・PIKAIA)

猫ご飯を手作りにしたわけは、猫が病気になったからです。

去勢手術してから、年に2~3回ほど尿石症にかかりました。
3度目の尿石症のとき、なにか家庭療法はないかと考えました。
猫の体を丈夫にするとか、体質改善するとかないの、と思いインターネットで調べました。

獣医さんのサイトや尿石症の説明のサイトはたくさんあれど、猫の体質改善とか、尿石症にならないようにするには、何を食べさせたら良いかと言うようなサイトは、ほんの少ししかありませんでした。

猫の病気の本も、手作り食のお手本なるものは、日本語ではなかったです。
それでもペットフードとして売られている物が、添加物だらけとか、肉質が悪いとか書いてある本はありました。
スーパーで売られている、ペットフードではいけないのだと、気が付きました。

ペットフードの中味を詳しく述べているサイトも、本も増えてきましたので、ここでは詳しくお話しませんが、ペットフードでは
猫の体は丈夫にならないと思いました。
人間もパンとビタミン剤だけの食事では、体が持たないことは誰でも感じることです。
食事はバランスだとか、医食同源とか大事だと思いました。

手探りの猫の食事作りが始まりました。
カリカリしか食べない猫、猫缶でもそっぽむくのにどうしようかと。
無添加で内容のしっかりした猫缶を何種類か買って、猫に食べさせる事から始まりました。数打てば当たるで、1つの猫缶は毎日食べることが出来ました。

ここからが試行錯誤でしたが、2年ほどたつと手作り食を、嫌がらずに食べるようになりました。
魚が大好きで、なかなか肉類が食べられませんでした。

良かったことは、やたら吐かない、目やにが出ない、シュンマクが出なくなった、糞尿の匂いが軽減した。
尿石症になっても1ヶ月で治るようになった。
今まで余病を発病したりで、治るまで約3ヶ月ぐらいかかってました。
愚痴になりますが、年2回の尿石症で治るのに約半年は獣医さんへ行ってたことになります。(泣)

今のところ尿石症になっていません。春が一番なりやすかったです。
血液検査も安全圏になりました。
少しですが、肝臓値、腎蔵値が悪かったです。

アメリカでは鶏生肉、鶏生骨を食べさせるのが、流行のようですが、
尿石症のうちの猫には、生の骨はダメでした。
生肉はなれてしまうと、猫も喜んで食べています。

試したハーブ・ホメオパシー・薬草・猫ご飯の中味・栄養のことは、
これからおいおいアップしていきます。
掲示板で情報交換できたら幸いです。

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |