海外HPでよく出てくるハーブやサプリメント

☆HPでよく見かけるハーブ
☆ 獣医が推薦するハーブとフラワーエッセンス
☆腎臓病
☆小動物の癌

 

 

☆HPでよく見かけるハーブ

Complementary, Alternative, and Holistic Vete…

猫限定ではありません。
皮膚等の外用のみに使われるハーブも含んでいます。
これらのハーブもそれぞれ癖があります。

ここで調べて、じぶんちの猫や犬に合うかどうか考えてください。

 

アロエ             ゴボウ             キャットニップ      
ジャーマンカモミール コンフリー ダンディライオン
(タンポポ )
エキナセア ニンニク チョウセンニンジン
ゴールデンシール ホーソーン(サンザシ) ラベンダー
リコリス(カンゾウ ) カレンデュラ
(キンセンカ )
ミルクシスル
マレイン ネットル(イラクサ) オートミール
オレゴングレープ
(ヒイラギメギ )
サイリウム(オオバコ) ラズベリー
レッドクローバー
(アカツメクサ )
サルサパリラ
(サルトリイバラ )
ソウパルメット
スリッパリーエルム セントジョーンズワート ツーヤ
バレリアン ヤロー イエロードック
ウィロー ユッカ


○ 調理用ハーブ

シナモン :コリアンダー:ショウガ :メリッサ:ペパーミント :
パセリ :セージ:タイム: ウコン :

○ 症状別ハーブ

* 皮膚:ゴボウ:ダンディライオン:カンゾウ:オレゴングレープ:ネットル:

レッドクローバー:サルサパリラ:ツーヤ:ウコンなど

* 免疫バランス:エキナセア:ニンニク:チョウセンニンジン:リコリス:
ターメリック(ウコン)など

* 鎮静:キャットニップ:カモミール:ショウガ:ラベンダー:
オートミール: スカルキャップ:
セントジョーンズワート:バレリアンなど

* 関節炎::ゴボウ:トウガラシ:ショウガ:カンゾウ:ネットル:

サルサパリラ:ヤロー:イエロードック:ユッカ:ウィローなど

 

 

☆ 獣医が推薦するハーブとフラワーエッセンス

Complementary, Alternative, and Holistic Vete…

Herbs & Flower Essences for Pets

猫限定ではありません。

○ハーブ

 
アロエ : 便秘、皮膚炎症、かぶれ。

カレンデュラ: 皮膚の傷

カモミール : 皮膚炎症、かぶれ。胃の病気、
軽いストレス

コンフリー: 皮膚の傷 だけに使う

ダンディーライオン: 利尿

エキナセア: 伝染病、炎症

ユーカリ: 鼻づまり

ショウガ : 吐き気、乗り物酔い

ギンゴー(イチョウ): 老年、

ゴールデンシール: 伝染病、気管支炎

ホーソン: 不整脈

ミルク・シスル : 肝臓

レッドクローバー: 気管支炎

スリッパリーエルム (Ulmus rubra) 下痢、便秘。咳。

バレリアン(Valeriana officinalis) 精神の安定、鎮痛。

 
○ フラワーエッセンス

 
Aspen

Beech

Centaury

Larch

Mimulus

Rescue Remedy

Rock Rose

Star-of-Bethlehem

Vervain

Vine

Water Violet

Willow

 

 

☆腎臓病

The Original Holisticat (TM) – Main Page
 

○猫腎臓病ハーブ

 
*ソレル( ヒメスイバ)(Rumex acetosella)

腎臓問題に例外的に適しています。


さらに、腎臓から石を出します。

*スリッパリーエルム(Ulmus rubra)

腸の粘膜刺激緩和。さらに胃の炎症の緩和。腎臓と尿路に。

* ダンディライオン: カリウム補給。

* コーンシルク:尿路粘膜刺激緩和。利尿。

* ペパーミント:吐き気防止。

○ CRF(腎臓病)の猫で使ってはいけないハーブ

ウワウルシ(Uva Ursi)

ジュニパー

リコリスとスギナは高血圧には使えない
 

○ 腎臓病のサプリメント

 
*カリウム(腎臓病のステージによっては使えない)

* ビタミン: ビタミンC:B-コンプレックス.

(但しビタミン A,D,E,Kは注意する)

* 魚油: DHA、およびEPA

*肝油:ビタミンA,およびD.
(別々に2つのビタミンの一方を飲ませているなら、
一回分の投薬量は調節する必要がある.)

* 腎臓の腺治療(PMG製品)

 

○ ホメオパシー

* Apis Mellifica

* Arsenicum Album

* Bellis Perennis

* Cantharis

* Lycopodium

* Mercurius Corrosiv

* Natrum Muriaticum

* Nux Vomica

* Terebene

 


 

 

☆小動物の癌

Complementary, Alternative, and Holistic Vete…

  猫限定ではありません。すべての癌に当てはまるわけではありません。
あなたの信頼する獣医さんと相談しながら食事療法を進めてください。

○ 基礎的な食事

 

炭水化物を低下させて、脂肪を上げて、よい質蛋白質を
使用してください。

研究者は、癌細胞は炭水化物(砂糖、でんぷん質の野菜)から、

脂肪のエネルギーより容易に利用すると理論付けます。
長期的な健康維持のために平衡を保ち、
あなたの獣医の監督下で食事療法する。
たんぱく質:食事の合計量の30~70%。
魚又はコテージチーズ。

優れたたんぱく質は大豆です。
豆腐は肉の代用になる。
野菜:トウモロコシ、さやいんげん等の甘い野菜はやめる。
炭水化物の少ない野菜、ブロッコリー、キャベツ、
芽キャベツ、カリフラワー、パクチョイ、
はつかだいこん、 トマト、にんじん等。
果物は制限する。

 

ほとんどのペット所有者は、炭水化物抜きの食事で彼ら動物が
うまくやることを知るが、
あなたのペットがエネルギーを失うように見える時は、
獣医に意見を求めて、食事に加える低い割合を見つけてください。
炭水化物は、小麦、オートミール、大麦、米およびトウモロコシ。
これらは、調理済みのオートミール、大麦、パスタ、玄米、
ジャガイモ、キノアなど加えることができます。

○ サプリメント

魚油・オメガー3脂肪酸:魚油は転移を縮小し、免疫機能増強の
可能性、抗炎症性の効果がある。

ビタミンA :VAとβーカロテンは免疫機能増加し、癌のいくつかの
形式を防ぐかも知れません。
ペットが喫煙者と一緒に住む場合これは
重要かもしれません。

* ビタミンC:、適切なビタミンCは、伝統的療法の影響を増強し、
毒性を縮小するかもしれません。

*ビタミンAとE
:酸化防止剤機能は炎症を縮小するかもしれません。
VEが癌を防ぐと示唆します。
VEは免疫を増強し、化学療法の悪影響を改善する。

* セレン:癌の危険が減少した、化学療法の悪影響を縮小するかも
しれません。

*補酵素Q10:化学療法剤アドリアマイシンの毒性を縮小し,
さらに免疫を増強、および酸化防止剤。

* アルギニン:癌研究の実験で免疫の機能を増強すると
示されました。

*Pycnogenol:ブドウ種子の強力な酸化防止剤。

*メラトニン:すべてではないが、いくつかの癌タイプを抑えるために
提案されました。

*Glandulars: 胸腺は例えば、癌の管理において有用な
サイトカイニンを含んでいるかもしれません。    

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |