犬猫の漢方薬

獣医さんで診察してもらって、漢方薬も処方してもらうのが一番です。(理想は)
漢方薬を使ってらっしゃる獣医さんは、お近くにあるかもしれません。
漢方薬局のおじさんも、相談に乗ってくれるかもしれません。
相談できる所を探してください。(2002・3・12)

☆動物薬の漢方薬と頻用されているもの

☆そのほかの漢方薬

☆我が家の猫に使った漢方薬

 

☆動物薬の漢方薬と頻用されているもの☆

かっこんとう
葛根湯  :犬 感冒・鼻風邪の改善
150~300mg/kg/day
エキスとして75~150mg

○耳の炎症、耳に熱があり痛みがあるとき、発病してすぐ2~3日まで。
○寒がっている風邪のとき。


しょうさいことう
*小柴胡湯  :消化器疾患・消化器衰弱・食欲不振・胃炎・下痢
75~150mg/kg/day
エキスとして45~90mg

○肝炎、食欲がおちて、白舌苔があるとき。

○耳が赤くなって乾いている、慢性耳炎。
○乾いた耳垢が多いとき、十味敗毒湯。
○じゅくじゅくした耳垢のとき、繰り返す耳炎にエツピカジュウトウ
○耳垂れが多く、イライラしているとき、龍胆シャ肝湯


さいこけいしかんきょうとう
柴胡桂枝乾姜湯   :犬 感冒・肺炎の改善
1日3回 体重4kg以下0.3~0.5g
体重15kg以下0.5~1g


もくぼういとう
木防已湯  :犬 慢性気管支炎・心臓性喘息症状の改善
1日2回 犬体重1kgあたり乾燥エキス40~80mg


ちょれいとう
*猪苓湯 : 猫のストルバイト結石の溶解排泄促進
猫の体重1kgあたり150~300mg   1日量

○血尿、尿量が少なくて、排尿の時痛みがあるとき。


さいぼくとう
柴朴湯  :気管支喘息・気管支炎
150~300g/kg/day
(エキスとして100mg~200mg)

○心臓病などで、動悸、息切れするとき。
○甲状腺機能亢進症で、甲状腺のはれに。


ごれいさん
五苓散 :浮腫・急性胃腸カタル・下痢
150~300mg/kg/day
(エキスとして40~80mg)


しょうふうさん
消風散  :分泌物が多く痒みの強い慢性の皮膚病
150~300mg/kg/day
(エキスとして80~160mg)


はんげしゃしんとう
*半夏瀉心湯: 急、慢性胃腸カタル・消化不良・神経性胃炎
150~300mg/kg/day
(エキスとして150~300mg)


じゅうぜんだいほとう
十全大補湯  :病後の体力低下・食欲不振・貧血
150~300mg/kg/day
(エキスとして100~200mg)

○免疫力を上げる。


しょうせいりゅうとう
*小青竜湯  : 気管支炎・鼻水・鼻炎
150~300mg/kg/day
(エキスとして83~166mg)
○せき、痰、鼻汁のある風邪のとき。


ほちゅうえっきとb
補中益気湯  :虚弱体質者・胃下垂・感冒・痔・
(150~300mg/kg/day)
エキスとして100mg~200mg

○白血病やエイズの猫の体力増強に。


りっくんしとう
六君子湯 :胃炎・胃下垂・消化不良・嘔吐
150~300mg/kg/day
エキスとして80~160mg
○食べ過ぎると下痢をするとき。


(*印のものは犬猫で安全試験データーあるそうです。)


目次に戻る

☆そのほかの漢方薬☆

ばくもんどうとう
麦門冬湯: ○口が渇いて、痰は少ない、空咳をしてるとき。
○糖尿病のとき、水をたくさん飲みたがって、
お腹に力がないとき。


みばくじおうがん
味麦地黄丸: 足腰が弱っている高齢のペットで、
舌や口が乾燥していて、咳を良くするとき。


葛根湯カセンキュウシンイ: 副鼻腔炎


へいいさん
平胃散 : お腹にガスがたまって、張っている、軟便気味のとき。


しょうようさん
逍遙散 : 消化不良に。血液を増加し肝臓に栄養、胃腸整える。


しょうけんちゅうとう
小建中湯  : 食欲にむら、元気がない疲れやすい。


さんおうしゃしんとう
三黄シャ心湯 : 口内炎、口臭がひどいとき、舌苔が黄色のとき。


しゃくやくかんぞうとう
芍薬甘草湯  : ○筋肉の緊張こわばで、肢体が痛いとき。
○リュウマチで痛みを伴う痙攣に。


けいしかじゅつぶとう
桂枝加ジュツブ湯 :肝機能の弱りからくる肢体のしびれ、ひきつりに。


いんちんこうとう
茵陳蒿湯 :黄疸、急性肝炎の初期


いんちんごれいさん
茵陳五苓散 :黄疸、尿が減るとき。


さいれいとう
柴苓湯 :○心臓病などで、動くと呼吸が苦しい、胸水があるとき、
○慢性腎炎などで、浮腫、吐き気、食欲不振などに。


ろくみがん
六味丸 :腎臓を丈夫にし、尿量の減少、便秘によい。
老化防止によい。


はちみがん
八味丸 :○高齢ペットによい。尿漏れしたり、夜間排尿に。
○甲状腺機能低下による、毛の艶がなく、元気がないとき。


かみきひとう
加味帰脾湯:リンパ腫や白血病に良いとされている。


       上に戻る

☆我が家の猫に飲ませた漢方薬☆

ちょれいとう
猪苓湯 :尿石症でよく使われる。

ほちゅうえっきとう
補中益気湯 :体力を付けたいとき

とうきしゃくやくさん
当帰芍薬散 :膀胱炎を何度も繰り返すとき。

かみしょうようさん
加味逍遥散 : 怒りぽい、攻撃的、肝臓の気の流れを良くする。
イライラして、無駄吠えする。

ごしゃじんきがん
牛車腎気丸:腎臓を強くしたいとき、高齢のペットに。

◎猫に飲ませる量は人間の6分の1~10分の1ぐらいにしました。

顆粒はお湯で溶かして飲ませるんですが、味が悪いとアワブクブク
して飲みませんでした。
オブラートに包んでも、かなり大きな包みになって、飲ませにくかっ
たです。

錠剤になってる漢方薬が、飲ませやすかったです。

長く飲ませたのは(3週間ぐらい)猪苓湯と補中益気湯です。
後のは、少し試しただけです。

カップ       上に戻る

参考にした本

漢方薬の臨床使用上の実際と留意点   学際企画

中(漢方)獣医学マニュアル  インターズー

犬猫に効く指圧と漢方薬   世界文化社

動物を癒し動物に癒される   チクサン出版社

LINEで送る
Pocket

2016年9月15日
Posted by

 |