[ハーブ]プロポリス

PublicDomainPictures / Pixabay

プロポリスはミツバチがユーカリやポプラなどの樹液と
自分の唾液などの分泌液を混ぜ合わせて作り出した
蜂ヤニと呼ばれる物質です。

ミツバチはこれを巣に塗りつけて
細菌等の外的から守っています。

ヨーロッパではこの抗菌作用、抗炎作用が古くから知られていて、
民間治療に使われていました。

蜂毒の心配があるので、蜂アレルギーの方は使用しない。
蜂アレルギーなのにプロポリスを飲んで死亡例もあります。

蜂ヤニからプロポリスを抽出するには、アルコール、水、グリセリン等の
方法があるが、アルコール抽出法が一般的だそうです。
アルコールに溶かしてろ過し熟成させる、木の樽で長く熟成させたものは、
蜂毒の残っている心配がなく安全面、品質とも優良であるとされています。

ユーカリの木が多いブラジル産、ポプラの木が多い東ヨーロッパ産などが
優良とされています。
日本で販売されているものはブラジル産が多いそうです。

プロポリス含有量も各社各様のようです。
0.1%~20%の含有量が一般的だそうです。

作用: 抗菌作用。免疫活性作用。抗炎症。組織再生促進。
血管壁強化。酸化防止。鎮痛作用。抗がん作用。

カンジタや白癬菌の一種にたいして、抗菌活性をしめしたそうです。
動物実験では、肝機能の保護効果がしめされたそうです。
抗癌物質をプロポリスから抽出することもされていますが、
人レベルでの実験は、まだなようです。

天然の抗生物質として脚光は浴びていますが、生体内での働きや
メカニズムは未だに解明されず、医薬品としての申請もされて
いません。


猫にプロポリスはどうか・・・・管理人の独り言・・・・

猫や犬のプロポリスが売られています。
お値段はお高いですが、それなりに効くようです。
コロナウイルスが減った、口内炎が良くなったと
猫仲間から聞き及びます。
猫白血病や猫エイズで発病していない猫たちには、
免疫力が上がって、発病しにくいようです。
これも猫によるのかもしれませんが

参考資料
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |