[ハーブ]犬猫ハーブ キャッツクロー Cat’s claw

nekodg / Pixabay

犬猫ハーブ キャッツクロー Cat’s claw

学名:Uncaria tomentosa (Willd)DC
Uncaria guianensis (Aubl.)Gmel
       アカネ科

主成分:オキシインドールアルカロイド、トリテルペノイド、
ステロール。

使用部位:樹皮、葉としている本と、根としている本とありました。

安全性:・妊娠中は避け、3歳以下の幼児には用いない。
・降圧剤との相互作用の可能性が指摘されている。
・ワルファリンなど血液凝固阻害剤との併用を避ける。
・皮膚や臓器の移植、血友病、特定のワクチンを同時に
使用している場合。
・ホルモン療法、胸腺の摘出、インスリン投与、
骨髄移植が計画されている白血病患者。
・免疫を抑制されている方。
以上禁忌
・自己免疫疾患またはガンでは、2週間以上の便秘または
下痢が起こる。
推奨量:(推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
アルカロイド含有の規定が設けられている。
服用量は、キャッツクロー製品によって違うそうです。
買われた製品の、説明書にある服用量を、守ってください。

作用:リウマチ改善、抗炎症、抗アレルギー、免疫力改善。

オーストラリア、ドイツで医薬品になっているそうです。
日本でも腰痛・神経痛に対する二重盲検試験が実施されました。
基礎実験が行われ、鎮痛・抗炎症作用が認められたそうです。
ヒトマクロファージ系の細胞のサイトカイン産生を抑制し、
かつ繊維芽細胞様滑膜細胞の増殖を促進することを示した。
ようするに、免疫力が上がるらしいです。

初期の炎症性疾患、特にリウマチ、花粉症や喘息などの
アレルギー疾患、ウイルス感染により生じた疾患。
また、免疫系の機能異常に伴う疾患。
化学治療、放射線治療などの腫瘍治療の補完と治療の増強。
多くの自己免疫疾患、特に神経からくる皮膚炎。

このように、いい事ずくめのキャッツクローですが、慢性病や
重い病気の方は、お医者さんに相談してくださいね。
禁忌は色々ありますが、副作用がどのようにでるのか、まだ
はっきりしていないようですから、お気をつけください。

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |