[ハーブ]犬猫ハーブ ツーヤ Thuja

AlexTino / Pixabay

犬猫ハーブ ケルプ   Kelp

別名:ニオイヒバ

ホメオパシーのThujaってどんなハーブか調べました。
このツーヤは、ホメオパシーで使いましょう。

学名:thuja occidentalis         ヒノキ科

主成分:揮発油(ツヨン60%)
フラボノイド、粘液質、タンニン、蝋。

使用部位:茎、葉

安全性:長期の使用は不可。常用しないで、必要なときのみ。
決められた量を守ること。

妊婦、授乳中は使用しない。

専門家の指導を受けてくださいと、記述している本もあります。

摂取量を間違えると、腎臓障害や痙攣が起こるそうです。

推奨量:このハーブは、ホメオパシーで使ってね

2~4ml 特別に濃縮されていない液体エキス

作用:抗ウイルス、去痰、抗カタル、利尿、駆虫。

いぼ、ポリープ、急性気管支炎、急性膀胱炎。

月経の誘発(生理が重い場合は使えません)

抽出エキスを塗布すると、筋肉や関節の痛みが緩和する。

犬猫にはホメオパシーでお使いください。
ツヨン60%のハーブですから、犬猫も人にも、強すぎます。
それでも、どうしてもハーブで使うときは、ハーバーリストさんの
指導のもとでお使いください

ホメオパシーとしての働き。
口腔カンジダ症、予防接種の後で、いぼ、水虫、

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |