[ハーブ]犬猫ハーブ カレンデュラ Calendula

werner22brigitte / Pixabay

 

犬猫ハーブ カレンデュラ Calendula キンセンカ

生薬名: キンサンギク

学名: Calendula officinalis

主成分: トリテルペン、樹脂、苦味配糖体、揮発油、
ステロール、サポニン、フラボノイド、
粘液質、カロチン

使用部位: 花弁安全性: 適切に使用する場合安全に摂取できる。

推奨量: (推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
花弁5~10gで浸剤を作る、1日3回飲む。
チンキで使用する場合1~2mlを使用する。
1日3回。

作用: 収斂、殺菌、抗真菌、抗炎症、創傷治癒、月経調節、
胆汁分泌促進、筋肉痙攣の緩和、出血予防、解毒、
穏やかなエストロゲン作用。

カレンデュラは長い間、解毒のハーブと考えられていて、
多様な発熱や感染症、湿疹やニキビといったような、
全身性の皮膚障害の元になっている毒を排出し治療を促す
と言われています。
また、肝臓や胆嚢を浄化すると考えられ、
これらの器官に影響が出るような症状に用いられている
そうです。

浸剤:更年期障害、月経痛、胃炎、食道炎、口内の潰瘍、歯肉炎。
チンキ:消化低下したとき、月経不順、月経痛。
クリーム:皮膚の炎症、乾燥、傷、乾いた湿疹。
インフューズドオイル:しもやけ、痔、毛細血管の出血。

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |