[ハーブ]犬猫ハーブ オレゴングレープ Oregon Grape

PublicDomainPictures / Pixabay

 

犬猫ハーブ オレゴングレープ Oregon Grape

別名:ヒイラギメギ、トガリバメギ

学名: Mahonia aquifolium (Pursh) Nutt
メギ科
Berberis aquifolium 異名

主成分:イソキノリンアルカロイド
(ベルベリンやベルバミンやハイドラステンを含む)

これらのアルカロイドは強い抗菌作用があり、
重度の乾癬に有利である考えられている。

使用部位: 根

安全性: 妊娠中は使用しない。
純粋なベルベリンには、中程度の毒性があり心臓機能を
低下させる作用がある。

推奨量: (推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)

チンキ剤で1回3mlを水で薄める。

作用: 胃炎(消化器虚弱)、胆嚢の機能刺激、
消化器官の粘膜の炎症を和らげる。

軟膏や洗い薬としては、湿疹、乾癬、にきび、
胆嚢機能低下による皮膚障害。

民間治療: 解毒、強壮剤


管理人から・・・・
注意:抗菌作用に優れていますが、
多量の摂取はやめてください。
長期間、飲まないでください。

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |