[ハーブ]犬猫ハーブ オートミールとオートブラウン

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

犬猫ハーブ オートミールとオートブラウン

学名:Avena sativa  カラスムギ属 イネ科

和名:オートムギ・エンバク

主成分:サポニン、アルカロイド、ステロール、
フラボノイド、サリチル酸、でんぷん、
タンパク質(グルテン含む)、ビタミンB1、
ビタミンB2、D、E、カロテン、多数のミネラル

 

使用部位:種子、乾燥させた茎

安全性:グルテンに敏感な方(セリアック病)、

小児脂肪便症の方は摂取しない。

適切に使用する場合安全に摂取できる。

摂取量(推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)

チンキ 1回2~3ml。
デコクション(浸出液)で用いる。

 

作用:オートミール・・・お粥として滋養に富んだ朝食になる。
湿疹、単純疱疹、帯状疱疹に湿布として使う。

オートブラウン・・・抗血栓、血中コレステロール低下。

オート麦藁(乾燥させた茎)・・・抗ウツ、神経系の回復と強壮、
発汗促進。


管理人から・・・・
オートミールにはサリチル酸が含まれています。
微量だと思いますが、サリチル酸=猫の毒ですから、
病気で弱っている猫には、食べさせない方が良いかと思います。
ピトケアン先生の「ネコの食事ガイド」にも、オートミールは
ネコの食事に良いと書いてありますので、ハーブリストから
外しませんでした。
人間用のサリチル酸含有食品の表にも、オートミールは無かったので
元気な猫に食べさせても大丈夫と思います。うちの猫も大好きです。

同じ食材を延々と続けるのは良くないと思います。
色々な食材を取り混ぜ、順繰りに変えていく方が、
アレルギーになりにくいそうです。

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |