[ハーブ]犬猫ハーブ エキナセア Echinacea

GidonPico / Pixabay

 

犬猫ハーブ エキナセア Echinacea

別名:パープルコーンフラワーpurple coneflower

学名:Echinacea angustifolia   E.purpurea
     キク科
 
             日本名、ムラサキバレンキク、
        ホソバムラサキバレンキク
   
   エキナセアはエキナセアアングスティフォリア(根と種子を使用)、
   エキナセアパリダ(根と種子を使用)、
   エキナセアプルプレア(根、種子、地上部を使用)と
   3種類あり、使用する部位も変わってきます。
   国によっても使用部位は違うそうです。


主成分:アルカミド・カフェイン酸エステル・ポリサッカライド・
    精油・エキノロン・ベタイン

使用部位:根・種子・地上部

安全性:◎使用してはいけない病気:結核・白血病・膠原病・
                多発性硬化症・エイズ・
                HIV感染症及び他の
                自己免疫疾患。
    
    ◎使用限度期間を8週間としている、すべての種類に適応される。 
    ◎菊科の植物にアレルギーがある人は避ける、妊娠中は避ける。
    ◎投薬量によっては短期間の発熱、吐き気、下痢が起こることもある。

推奨量: (推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
        エキナセアパリダの根で1日900mg
    エキナセアアングスティフォリアの根で1日1g
    いずれも人間用の資料です。猫犬の体重で考えて下さい。

作用:免疫賦活作用・抗菌作用・抗ウィルス作用・抗炎症作用・抗酸化作用

    舌にピリピリする味がする。
  
   一般の伝染,および傷,インフルエンザ,カンジタ菌,急性の喉の炎症,
   ぶどう球菌伝染,泌尿器,アレルギー,歯痛等のために,人間で使われた.
   
   いくつかのタイプの腫瘍の成長を遅くするかもしれない.

   エキナセアの有効成分や作用は未だすべて解明されていないが、多糖が
   もっとも有効成分と考えられている。
   これらの多糖は強力に好中球やマクロファージなどの食細胞を活性化し
   またマクロファージから免疫応答物質であるインターロキンの生産を
   促進することが報告されている。
   これらの効果によって、リステリア菌やカンジタ菌による全身性感染症
   への疾患を予防する効果や、インフルエンザ、ヘルペス等の抗ウィルス
   作用、抗炎作用、抗酸化作用も報告されている。


  民間利用法:ニキビとできもの・咬み傷・刺され傷・しもやけ
        風邪・咳・気管支炎・・アレルギー性鼻炎・
        流感・喉痛・扁桃炎・おだやかな喘息・口内炎・
        泌尿器・心筋感染症・耳痛・
   

管理人から・・・・
         注意:免疫系を刺激し人体の抵抗力を高めると言われています。
         買うときはエキナセアルート(根)とちゃんと書いて
         ある物にして下さい。
         ピリピリした味がないものは、相当古いものです。
            

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |