[ハーブ]犬猫ハーブ ターメリック(ウコン) Turmeric

Sandra_M_H / Pixabay

 

犬猫ハーブ ターメリック(ウコン) Turmeric

学名:Curcuma longa
ショウガ科

カレー粉の黄色い色はこのウコンです。

主成分:揮発油(3~5%)はジンギベレンとターメロン
を含む。
樹脂、クルクミン、苦み成分

使用部位:根

安全性:胆石、胆汁管障害には使用してはならない。
胃潰瘍、胃酸過多には使用してはならない。
通経作用、子宮収縮作用があるので、妊婦には
使用しない。
以上は、治療目的としての注意であって、
香辛料として摂取においてはあてはまらない。

推奨量:(推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)
粉末・・スプーン1杯分を1日3回

作用:血液凝固を防ぐ:肝機能を高める:胆のうの病気を防ぐ:
関節炎の症状の緩和:抗菌作用:抗炎症作用:

抗菌作用があるため、冷蔵庫のなかった時代の保存料と
して使用されたと考えられています。
アジアでは胃の障害、月経の問題、血液凝固、肝機能
障害(黄疸など)の治療に使われました。

ショウガ科の香辛料で、主成分はクルクミンです。
これには胆汁の流れを良くし、アラキドン酸代謝を阻害する
というアスピリン様の鎮痛作用があります。

また、免疫力を高め、抗ウイルス活性があり、ストレスに対
して精神を安定させる成分もウコンには入っていますので血
圧を安定させます。

コレステロール値を下げる。

クルクミンは、体内に入って、腸から吸収される際にテトラ
ヒドロクルミンという強力な抗酸化物質に変換されます。
動物実験では、大腸癌、肺癌の抑制効果が確認されています。

実際にターメリックに10~20%含まれるデトキシクルミン
という抗酸化物質に、シミやソバカスのもとになるメラニン色
素の生成を防ぐ作用があることや、ターメリックを皮膚に塗ると
皮膚癌を抑制できることも確認されています。
その他、カレー粉に香りの成分テルペン、食物成分のフェノール、
βカロチンも抗癌成分として有効に作用します。

民間療法:水虫。吐き気。車酔い。

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |