[ハーブ]犬猫ハーブ アシュワガンダ Ashwagandha

werner22brigitte / Pixabay

 

犬猫ハーブ アシュワガンダ Ashwagandha

学名:Withania somnifera
     ナス科

別名:ウィザニア、インドニンジン

【注意】

アシュヴァガンダ(アシュワガンダ)は、

薬事法に記載されているハーブなので

現在 日本において一般販売はされていません。

 

アシュワガンダのほかの説明ページ

インドのハーブ薬学に使用されているハーブである。
   漢方薬の朝鮮人参に相当するもの。

主成分:アルカロイド・鉄・
ステロイドラクトン(ウィタノライド)

使用部位:葉・根・果実

安全性:妊娠時には飲まない。


推奨量: (推奨量は人間用です。ワンニャンはここを見てね)

根の煎じ液・・5gの根を100mlの水で煎じる。
2日以上飲む。
葉の粉末・・貧血には小さじ2/1を1日1回服用
根の粉末カプセル・・1~2gを1日1回服用

作用:    強壮作用: 免疫賦活作用:HIV:精神機能:ストレス:
    浮腫や関節炎などのような炎症:
    性欲促進:鎮経剤:鎮静剤:強壮剤:

  朝鮮人参の有効成分、作用、構造が類似している
ステロールである。

  そのためこのハーブは、インドの薬用人参といわれている。
  一般的に免疫増強と関係があるだけでなく、抗炎症作用、
記憶力増加
の作用もある。
また強壮剤として利用されている。

1970年の研究によると、生体がもつステロイドホルモンににた
  ウィタノライドは抗炎作用をもつ、またガン細胞の成長を阻害する
    

  1980年の臨床試験において、ヘログロビンのレベルを上昇させ
  髪の毛が白髪になるのを防ぎ、生殖能力を向上させることが
分かっ
た。慢性の病気からの回復期にも有効である。

参考資料
メディカルハーブ安全性ハンドブック(東京堂出版)
健康食品ウソとホンとの見分け方(悠々社)
薬用ハーブの機能研究(健康産業新聞社)
世界薬用植物百科事典(成文堂新光社)
ハーブバイブル(角川書店)
メディカルハーブ(日本ヴォーグ社)
メゲッセ氏の薬草療法(自然の友社)
食べ物とがん予防(文芸春秋)
健康食品ノート(岩波新書)
保険が使える実用漢方薬(創芸社)
ナチュラルメディスン(春秋社)

LINEで送る
Pocket

2017年3月8日
Posted by

 |