ガジュツについて

ガジュツについて調べました。

ガジュツ(我朮)は、漢方薬の生薬でしたので、
持っている生薬説明本に記述がありました。
(灯台下暗しでした~(^_^;))

漢方薬として「浄腑湯」に配合されていました。
あまり一般的な漢方薬ではないようです。

ウコンの仲間なので、ウコンと薬理は似ているように思いますが、
ウコンほど研究されていないようです。

ガジュツは「日本薬局方」に記載されいます。

※薬理
1)実験的肝障害に対して、成分のフラノゲルメノンが予防効果をもつ。
2)胆汁促進作用は精油成分のシオネール・カンフェン・ピネンとガジュツ末にみられた。
3)抗潰瘍作用を持ち、胃の抗潰瘍作用の一部に細胞保護作用もあると思われる。

※適用
粉末剤や煎剤で芳香健胃の目的で用いられる。
中国においては、オケツや通経剤として用いられる。

※成分
精油成分として1~1.5%含まれる。
セスキテルペンとして・・・
クルゼレノン・クルジオン・ルクメノール・フラノジェノン・クルクモール・フラノジェン・デヒドロクルジオン・クルクメノール・ゼデロン・フラノゲルメノン・セスキテルペン生合成中間体。

モノテルペンとして・・・
1,4シネオール・(+)-カンファー・(+)-カンフェン・(+)-αピネン・(+)-ボルネオール等。

他に・・・
ジンジベレン・フラボン配糖体・樹脂・澱粉・ゴム質等。

※成分の説明(ネットで調べて分かった物だけ)
カンフェン:抗菌作用・抗炎症作用・抗ウィルス作用。

αピネン:抗感染作用・組織再生作用・抗炎症作用・鬱滞除去作用・強壮作用。

ボルネオール:胆汁分泌促進作用

カンファー:肝臓強壮作用・脂肪-粘液溶解作用・瘢痕形成作用・筋肉弛緩作用等・虫除けや殺虫作用。
精油カンファーの注意:カルボン等のケトン類には 神経毒性がある物質が多く、ケトン類を8%以上含む精油は皮膚への直接添付は禁止。

シネオール:免疫調整作用・抗炎症作用・耳、鼻、喉、気管支、肺等の炎症の鎮静作用。

ジンジベレン:催淫作用・消化促進作用等。

++++++++++++++++++++++++++++++

精油=エッセンシャルオイルとドライハーブやハーブの粉は同一視は出来ません。ハーブにも精油成分は含まれますが、精油はギュッと濃縮された成分が入っています。ドライハーブ1kgと精油1kgでは全然、成分の濃さが違ってきます。

植物の成分って、今の機械で計れる物しか分からないですから、調べきれない成分もあると思ってください。
ちなみに精油になると成分は3千種類とも言われています。

ガジュツは猫に安全だろうかと考えると、精油ティーツリーと比べて見ることにしました。
ティーツリーと同じ成分は、α-ピネン・シネオールですが、シネオールを調べると1,8とも1,4と記載されていて、どちらも含まれるか、どちらかが間違っているのか、分かりませんでした。
(内容成分は調べた限りのことです。成分はもっと沢山あって
ティーツリーと同じ成分も沢山あるのかもしれません)

精油ティーツリーの経口毒性は約LD50-1.9g/kgとされているようです。ガジュツは粉状態=LD50が147g/kg、エキス状態=LD50が5418 mg/kgとなっています。
ティーツリーよりガジュツの方が、経口毒が少ないことだと思います。

精油ティーツリーを猫にノミよけで振りかけた所、死亡した猫があったそうで、猫にはティーツリーや他の精油も使用しないとされています。
精油ティーツリーと猫についてのサイト
http://kittensafe.com/risk.htm

LD50とは、ネズミに食べさせて100匹にうち50匹死んだ事をさします。ネットで検索すると出てくるので、詳しくは検索してね。

猫にガジュツは大丈夫か?ですが、内容成分を調べていると、無茶苦茶悪いわけでもないという感じです。
猫によって、カンファーに反応してしまう場合が、絶対ないとも言えません。ウコンを食べさせて具合がなんとなく悪くなった・・なんて経験したなら、止めた方がよいでしょうね。
アレルギーって、どんなものがあるか、ナカナカ分からないですから、気をつけてください。
また、ガジュツのエキス剤のようなものは、成分が濃縮されていることもあるでしょうから、粉末状態のほうがよいかと思います。

ローズマリーはカンファーが入っています。精油ローズマリーはカンファーがあるので、子供には使うなとなっています。
精油ローズマリーは、猫にも使ってもらいたくないです。

ただ、ドライハーブのローズマリーになると、強い抗酸化作用を期待して、防腐剤として食餌に混ぜるようにと勧めている、本もありました。「ペットのためのハーブ大百科」

カンファーが入っていれば、すべて猫に悪いと考えるか、ドライハーブになると成分も少ないから猫にOKと考えるか、どちらでしょうね・・・

ガジュツを売っている所は、良いことばかり書いてあります。でもそれらは、研究によって分かった物ではなく、成分からこのような効果も期待される、、と言うあいまいなことが、かくされているように思います。

どんな健康食品も、自分の猫に合うだろうかと考えて、まず自分で飲んでみてください。お腹の調子、肌の調子、胃の調子、なにか変調があるかどうか、ご自分の体で色々観察してから、猫に試してください。

猫には薄い浸剤にして、小スプーン1杯から始めるとか、ごく少量から始めて、猫の様子を観察してください。おかしいと思ったら、即刻止めてくださいね。

LINEで送る
Pocket

2006年1月21日
Posted by

 |